風邪の予防!子供をウイルスから守る方法とは?

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

風邪の予防!子供をウイルスから守る方法とは?


子供の風邪予防に、なにをしてますか?


風邪が流行ると、免疫力や抵抗力の弱い子供は、
すぐに風邪をひいてしまいます。

しかも、治ったと思っても、
気付けば、鼻水が出てたりしますね。


『風邪を予防する良い方法はないの?』
と、多くのお母さんが悩んでいます。


管理人の子供の頃は、
裸になってタオルでこする『かんぷうまさつ』が、
最高の予防法だと思っていました^^


しかし、最近ではあまり見かけませんね。

もしかして、あまり効果がなかったのでしょうか(^_^;)


そこで、子供に風邪をひかせない為に、
かんぷうまさつ以上に効果がある予防法を、
一緒に見ていきましょう!

この予防法さえすれば、今年の子供は風邪知らず!

スポンサーリンク

子供の風邪とは?


突然ですが、『風邪』と言う病気はありません!


実は、風邪とは、ウイルスの感染で、
鼻やのどが、炎症を起こしている状態を、
まとめた呼び方です。


ウイルスが、粘膜から感染すると、
感染した場所が、炎症を起こします。


胃腸に感染すると、胃腸風邪と言って、
下痢の症状が出ます。

そして、喉や鼻の粘膜に感染すると、
くしゃみ・鼻水・咳・喉の痛みなど、
いわゆる風邪の症状になります。


つまり、風邪を予防するには、

ウイルスが体内に入らなくする。

抵抗力や免疫力を強くする。

この2つの事が、とても大切で、効果的です!


では、それぞれ見ていきましょう。

スポンサーリンク


ウイルスの侵入を阻止する予防法とは?


ウイルスが感染するのは、
空気感染接触感染があります。


空気感染とは、風邪をひいている人が、
咳やくしゃみをすると、ウイルスが、
空中に飛び散ります。

空中にさまよっているウイルスを、
知らないうちに、吸い込んしまって、
感染する事です。

gf01a201306270500

一方、接触感染とは、ドアノブや、電車のつり革などに、
付着しているウイルスを触ってしまい、
手などを介して感染する事を言います。


空気感染と接触感染から、身を守る一番の方法は、
ウイルスのある場所に、近づかない事です!


しかし、幼稚園や学校があるので、
この方法は現実的に難しいですね^^


そこで、最も有効なのが、
手洗い・うがい・マスクなのです。


昔から言われ続けている方法ですが、
ウイルスの体内への侵入を防ぐ方法で、
これ以上の予防法は、ありません。


● 手洗いする事で、接触感染のリスクを、
 最小限に減らせます。

● マスクをする事で、空気感染のリスクを。
 最小限に減らせます。

● うがいをする事で、ホコリや細菌を洗い流して、
 粘膜に、ウイルスが付着するのを予防します。


ウイルスの感染ルートを、極力減らすことで、
風邪を予防する効果が高まりますね!


515bcd948dbbc3dab2aa8b891d705e9c_s

では、次に免疫力と抵抗力を強くして、
風邪を予防する方法を、見ていきましょう!


スポンサーリンク



免疫力と抵抗力を強くするには?


日常生活をしていく上で、風邪のウイルスを完全に、
防ぐのは難しいですね。


そこで、次に大切なのが、風邪に強い体を作る事です。


万が一、ウイルスに感染しても、炎症を起こす前に、
ウイルスを撃退すれば、風邪の症状は出ません。


では、風邪になりにくい体は、
どうすれば、作られるのでしょうか?


風邪のウイルスに、感染しにくい体を作るには、
しっかりと栄養をとり、適度な運動をする事です。


特に、食事が大切で、バランスの良い食事をすれば、
免疫力が高まり、風邪をひきにくくなります。


風邪の予防に効果的な食材は?


これらの食材を、バランスよく食べる事で、
風邪の予防に、効果を発揮します!

● 抵抗力を高める

たんぱく質をとると、
体力が付いて抵抗力が強くなります。

抵抗力が上がると、
風邪の予防につながります。

魚介類・牛肉・鷄肉・豚肉・卵
大豆製品・乳製品などがおすすめです。


● 免疫力を高める

免疫力を高めるのに、効果的なのが、
ビタミンCです。

免疫力が高いと、ウイルスに感染しても、
発症する前に撃退してくれるので、
風邪の予防に効果的です。


いちご・みかんなどの果物類や、
ほうれん草・ピーマンなどに、
豊富に含まれています。


ピーマンなどは、子供が嫌がるので、
果物でとれるのは、ありがたいですね^^


● 粘膜を強くする

ビタミンAが不足すると、粘膜が弱くなります。

粘膜の保護には、ビタミンAが必須です。

喉の鼻の粘膜がしっかり保護されると、
ウイルスが感染しにくくなり、
風邪の予防につながります。


ほうれん草・人参・パセリなどの緑黄色野菜と、
鶏や豚や牛などのレバーに多く含まれます。

うなぎや卵類にも豊富です。

そして、これらの食材は、温めて食べるのがコツです!

体を冷やすと免疫機能が下がります。


反対に、体を温めると血液の循環がよくなり、
免疫力が上がります。


子供には、普段からバランスの良い食事を、
食べさせると、風邪予防には効果がありますよ^^

とは言え、実際には、バランス良く栄養をとるのは大変です・・・


そこでおすすめなのが、健康補助食品(サプリメント)

バランス良い食事を目指しながら、足りない栄養をサプリで補給するが理想ですね。

ちなみに、私のおすすめサプリはこちら
体にうれしいマルチビタミン


1日2粒で良いのと、コストパフォーマンスが良かったので購入しました。

合成ビタミンでなく、食品由来のびたみんなのも嬉しいです!



部屋の温度・湿度の管理をする!


空気が乾燥すると、体の粘膜も乾燥します。

粘膜が乾燥すると、免疫機能が低下して、
風邪に感染しやすくなります。


特に、風邪が流行しやすい冬の時期は、
室内の温度は20~25度、湿度は60%前後
にすると予防に役立ちますよ!


エアコンや加湿器を使って、
環境維持を心がけましょう!


まとめ


子供の風邪の予防法は、
いかがでしたでしょうか?


子供の風邪を防ぐには、

● 好き嫌いなく、バランス良く食べる。

● 適度に運動して、体を強くする。

● 外から帰って来たら、手洗い・うがいをする。

● 風邪が流行っている時は、マスクをつける。



この4つの事を、徹底的にする事で、
風邪は、かなりの確率で予防できますね!


特別な事を探すよりも、
基本的な事をキッチリとすることが、
一番の予防法ですね^^


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて