PL花火大会2014の日程!時間と場所は?最高の穴場とは?

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

PL花火大会2015の日程!時間と場所は?最高の穴場とは?


大阪の夏の楽しみと言えば、
教祖祭 PL花火芸術

管理人にとっては、子供の頃に実家から、
少しだけですが、花火が見えるので、
夏の恒例の行事です。


なので、全国で数ある花火大会の中でも、
PL花火大会は、特に思い入れがあります。


a1380_001312

地元では、PLの花火と呼んでいて、
当日が近づくと、みんな楽しみで、
ソワソワしていました^^


そこで、2015年のPLの花火大会を満喫できるように、
日程と時間、場所やアクセスなどの詳細情報
を、
ご紹介します!


最後に、地元だから知っている穴場スポットも、
特別に公開するので、楽しみにしてくださいね!



まずは日程から、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク



PL花火大会2015 日程と時間は?


2015年のPL花火大会の日程が、
発表されました。


と言っても、日程は毎年変わる事なく、
8月1日になります!


なので、毎年8月1日は、友達や恋人と予定を合わせて、
みんなで、花火を楽しむ日です。


今は、無くなりましたが、近所のスーパーの屋上から、
PL花火大会が良く見えたので、自然と人が集まってきて、
花火を肴に、宴会をしていました^^


時間は、19時55分~21時頃の約1時間です。


毎年、花火が素晴らし過ぎて、
時間が短く感じて、あっという間に終わるのが、
PL花火大会の唯一の欠点ですね^^


それでは、次に、場所や最寄り駅などの詳細情報を、
見ていきましょう!


スポンサーリンク



PL花火大会の詳細情報!


PL花火大会は、他の花火大会のように、
市や地域などが、開催しているわけではありません。


実は、パーフェクトリバティー教団の教祖祭として、
PL教団大本庁内のゴルフ場から、
世界の平和に願いを込めて、打ち上げられます。


打ち上げ場所は、こちら↓




地図からも分かるように、
最寄り駅は、近鉄長野線 富田林駅になります。


しかし、当日は富田林駅周辺は、
尋常ではない人混みになります。


特に、花火大会が終わってから、
帰りの混雑は恐ろしく、人が多すぎて、
前に、なかなか進まないです。


帰りの電車の切符を買っておくのは、
当然ですが、最寄り駅を変えて、
他の駅を利用するのもひとつの手段です。


おすすめは、南海高野線の大阪狭山市駅か金剛駅を、
利用するアクセス方法です。


finger-icon07-001 ポイント

南海電鉄 金剛駅には、急行が止まります。

更に、特急料金はかかりますが、
座席指定の特急電車の停車駅でもあります。


1ヶ月前からの予約が可能なので、
通勤ラッシュ以上の満員電車が嫌な人には、
おすすめです!


難波まで、たったの23分で帰れるので、
遠くから来ても、混雑で電車に乗れずに、
終電になることはありませんよ^^



ちなみに、他のアクセス方法として、
車での移動を考えている人も、多いと思いますが、
確実に後悔するので、おすすめできません。


昔、友人が大阪狭山市に住んでましたが、
普段は、車通勤ですが、花火大会当日は、
電車通勤に変えてました。


と言うのも、車で通勤すると、渋滞や交通規制の加減で、
家に帰り着くのが、翌日になる事があったそうです((((;゚Д゚))))


ちなみに、午後4時から午後11時まで、
交通規制が行われますが、
渋滞は午後2時頃から始まります。


当日は、車の利用を控えて、
電車で、移動した方がスムーズに、
花火を楽しめますよ!


アクセス情報が分かったところで、
PL花火大会の見どころと、穴場スポットをご紹介します。


スポンサーリンク



見どころと穴場スポットは?


PL花火大会の見どころは、たくさんありますが、
やはり、打ち上げ花火の濃度がポイントですね!


PL花火大会の打ち上げ数は、約2万発です。


以前は、12万発と言われていましたが、
打ち上げ数の数え方を変えてたので、
現在では、2万発と発表されています。


しかし、実は、打ち上げ数の数え方が変わっただけで、
花火の内容・量・質・予算などは、ほとんど変わっていません。


なので、見ている私たちにとっては、
以前の12万発の時と、変わらない迫力があります!

fireworks-238108_640

そして、すごいのがその濃度です。


他の花火大会なら、2万発打ち上げるのには、
2時間~3時間の時間を使って打ち上げます。


しかし、PL花火大会の場合は、
わずか1時間の間に打ち尽くします。


まさに、息がつく暇ないくらいの、
豪快に連発で、発射される花火大会です。


その中でも最後の花火は圧巻で、
わずかな時間の間に、8,000発以上の花火が、
一気に打ち上げられます!


本当に、一度は見て欲しいのですが、
夜空が昼間のように明るくなり、
街中から、歓声と拍手がおこります。


ちなみにその瞬間の映像がこちら↓




すごい迫力ですね。

これほどの一気に大量の花火を打ち上げる、
濃度の濃い花火大会は珍しいです。


そして、PL花火大会を、満喫できる穴場スポットを、
ここまで、読んでくれたあなただけに、
こっそりとお教えします!


実は、PL花火大会には有料席があります。


確かに、近くで見れるのは良いですが、
すこし、デメリットもあります。


有料席と言っても、指定席ではなく、
良い場所で観覧しようと思うと、
早い時間からの場所取りが必要です。


また、現地には、木が多くて、
場所取りを間違うと、かなり見えにくいです。


そして、帰りの混雑が半端ありません。


スポンサーリンク



打ち上げ会場付近という事もあって、
人が、めちゃくちゃ集まっています。


その人混みと、有料席の人たちが、
一気に帰る支度をするので、通常の2,3倍の時間がかかります。



そこで、管理人がおすすめするのが、
地元だから知っている最高の穴場スポットです。


その穴場スポットはこちら↓




遠そうですが、
金剛駅まで、徒歩35~40分で行けます。


手前の狭山池公園が、以前は穴場でしたが、
最近は、人気が高くて、多くの人が、
訪れるようになっています。


この公園は小さいですが、高台にあるので、
めちゃくちゃ、花火がよく見えます(;゚Д゚)!


午後18時頃に行っても、良い場所で、
ゆっくりと花火を楽しめます。


管理人も毎年行ってますが、
場所取りをしなくても
花火をゆったりと堪能できますよ!


と、ここで発表したので、
今年は、少し早めに場所取りに行きますが(^_^;)


この公園の魅力は、打ち上げ場所から離れてそうですが、
意外に近くて、花火の爆発音もしっかりと聞こえるので、
かなりの大迫力の中で、花火を楽しめますよ!

ちなみに、帰り道も比較的空いているので、
スムーズに帰ることができるのも、嬉しいところです^^



ちなみに、有料でもゆっくりと楽しみたい人は、
スパヒルズがおすすめです。


屋上から観覧できるうえに、
お弁当に入浴・岩盤浴代を合わせて、
6,500円は安いと思います。


何よりも最大の魅力は、車でアクセスできることです。


スパヒルズから、泉北方面に抜けて行けば、
渋滞も、比較的マシだと思います。


電車なら、公園!車なら、スパヒルズ!


ゆっくりと花火を見るなら、
富田林周辺よりも、狭山市側の方が、
個人的にはおすすめですよ!


まとめ


いかがでしたでしょうか。


日本を代表するPL花火大会ですが、
アクセスと穴場スポットを、
活用して、楽しんでくださいね!


詳細のおさらい↓

  • 正式名称:教祖祭 PL花火芸術

  • 会場:光丘カントリー倶楽部

  • 住所:富田林市新堂2258-1

  • 日程・時間:8月1日 19:55~20:50

  • 打ち上げ数:20000発

  • 代表花火:スターマイン

  • 最寄り駅:近鉄 富田林駅

  • 駐車場:なし

  • 有料席:あり

  • お問い合わせ:0721-25-6422


今年こそは、世界一の花火大会を、
心の底から、満喫してください!


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントは2件です

  1. たねP より:

    お世話さまです。
    本当にPLの花火は素晴らしいですね。感動します!
    私も20年前に今の妻候補(予定、今も妻)と見に行きました。
    当時中百舌鳥から南海、近鉄を乗り継いで会場に行きましたが、まずは人の多さに圧倒され、次に花火の音に圧倒された記憶が蘇りました。また会場警備の警察官のアナウンスも印象的でした。混雑に対して「走っても同じです…」また「こちらは天満警察…えぇ~と富田林警察…」との楽しい今のDJポリスばりのアナウンスを鮮明に覚えています。応援に行くのですね!昔は根性があり1回だけ見に行くことができましたが、最近は自宅鑑賞です。水平線上に1メートルぐらいの円として花火が見えています。残念。将来「大曲花火大会」見てみたいですね!

    • とっちぃ より:

      たねPさん

      コメントありがとうございます!

      私も、気付けば30年以上見続けています^^
      妻候補(今も嫁)とも一緒に見ていい思い出です!

      若いときは、出来るだけ近くまで行きたと思って、
      果敢に攻めて、帰り道で撃沈ってパターンばかりでした(笑)

      大人になって、しばらくは自宅鑑賞だったのですが、
      娘に花火を見せたいという思いから、帰りに困らない程度まで、
      近くで見るようにしています^^


      昨日も、ここで紹介した穴場スポットで、じっくりと見てきましたよ!

      すこし風が弱く、煙が移動しなかったので、
      見えにくいシーンもありましたが、とてもキレイで感動しました。

      来年は、久しぶりに見に行ってくださいね!


      コメントありがとうございました。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて