赤ちゃんの蒙古斑!できる原因は?いつ消える?

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

赤ちゃんの蒙古斑!できる原因は?いつ消える?


現在1歳5か月の娘、
生まれつきあった赤ちゃんのシンボルとも言うべき蒙古斑が、
・・・・・・最近増えてきたような

だんだん消えるって、
よく聞くけど、増えることってあるの??

ていうか、そもそも蒙古斑ってなんだ?


というわけで調べてみると、
蒙古斑が、「家庭の医学」の「皮膚の病気」カテゴリーに分類されている!


もしかして、びょ、病気なのか!!


と、一人でドキマギした経験ありませんか?


気にしていなかっただけで、
いろいろ知らないことがありそうです。


そこで今回は、
娘の蒙古斑が増えてパニックになった私が、自分を落ち着かせる為に、
徹底的に、できる原因や、いつ頃消えるのかを調べました



同じように悩んでいるあなたも、
落ち着かせる為に、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク



蒙古斑とは何?


そもそも、蒙古斑とは、
生まれつきある臀部(でんぶ)などの青あざの事。


東洋人の赤ちゃんに、よく見られることから、
「蒙古斑(もうこはん)」という名前がつきました。


日本では、新生児の90%には見られるといいますが、
黄色人種のみならず、黒人や白人でも、
発生率は低いですが出現します。


ただし、日本人には、当たり前と思われている蒙古斑ですが、
海外では、虐待のアザと間違われることも多いようです。

それぐらい、西洋では認知度の低いものなんですね!


point02-005

実は、蒙古斑にも種類があって、
日本でもあまり知られていない蒙古斑として、
「異所性蒙古斑」というものもあります!


多くの蒙古斑が、おしりや背中などにできるのに対し、
上半身や手足、顔面にできる蒙古斑が「異所性蒙古斑」。

普通の蒙古斑より、消えにくいのが特徴です。


他にも、
普通の蒙古斑が、ぼんやりした薄い灰色なのに対し、
境界線がはっきりとして、色もほくろぐらいの濃さがあるものが、
「濃色型蒙古斑」というなどもあります。



って、蒙古斑ってひとつだけではなかったんですね~(;゚Д゚)!


なるほど、少し分かって来ましたが、
一体どうやって出来るのでしょうか?


スポンサーリンク




蒙古斑のできる原因とは?


蒙古斑のできる原因には、
皮膚を紫外線から守る働きをもつ「メラニン」が関係しています。


point02-005

メラニンは、メラノサイトと言われる色素細胞に、
紫外線があたることで発生します。


メラノサイトは通常、皮膚の下の比較的浅い部分にありますが、
それは、胎児時代の成長の過程で、
皮膚の奥深くから、表面に向かって、だんだんと出てきた結果。


しかし、何らかの理由で表面まで出きらず、
奥のほうでたまってしまったものを、「真皮メラノサイト」といい、
そこでメラニンが作られ、外側からは青く見える部分ができるのだとか。。。

その、青く見える部分こそが、蒙古斑というわけですね。



なんか、分かったような、分からないような(。´・ω・)?


実は、生まれたときから見られる蒙古斑ですが、
あとで、広がったり、増えたりすることも、
少なからずあるようです。


お腹の外へ出て、紫外線にあたるからかな?などと思いましたが、
皮膚の下深くにある「真皮メラノサイト」がどういう働きをするかは、
よく分かっていないとのこと。



また、あまりに広がったり増えるようだと、
皮膚の違う病気である可能性もあるので、
病院で診てもらったほうがいいですね。



10歳頃までには消える?


「大人になったら消える」と親に言われて育ちましたが、
具体的には、4歳頃から薄くなっていく子が多く、
10歳頃までには、分からなくなる子がほとんどです。


しかし、最初に紹介した「異所性蒙古斑」は消えないままで残る子供も多いため、
保険の適用範囲内で、レーザーによって薄くする治療をすることもあります。


蒙古斑が消える理由についても、確かなことは分かっていないそうですが、
いくつかの説として、次のようなものがありました。


  • 真皮メラノサイト自体が消滅する説

  • 体が大きくなるのに対し、メラノサイトの数は増えないので、色素が目立たなくなる説

  • メラノサイトはなくならないけど、メラニンの生成が止まる説



蒙古斑ではありませんが、
娘の顔にできた「イチゴ状血管腫」という病気で、
現在もレーザー治療に通っています。


3か月おきぐらいにしか照射できないので、
レーザー装置のある大きな病院に通わなくてはならず、結構大変(;´д`)


蒙古斑も、特に他の病気の心配がなく、
よほど目立つところに濃く出ているのでなければ、
様子を見てよさそうですね。


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて