赤ちゃんにげっぷをさせる3つのコツ!慣れないママでも大丈夫!

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

赤ちゃんにげっぷをさせる3つのコツ!慣れないママでも大丈夫!


毎日赤ちゃんのお世話、お疲れ様です^^

「授乳した後に、げっぷをさせる!」

というのは、出産前からなんとなく知識としてはあったけど、
実際にやってみると・・・うまくいかない(;゚Д゚)!

というお母さんも多いのでは?



そこで今回は、赤ちゃんに、げっぷをさせてあげるコツとして、

  1. 基本の出し方

  2. それでも出ないときの出し方

  3. それでもそれでも出ないときにチェックすること

をご紹介します♪


上手にげっぷをできた時に、見せる赤ちゃんの表情って、
とっても気持ちよさそうで、何とも言えませんよ・・・(*´・∀・)


そんな恍惚とした表情を見るために、早速勉強していきましょう!


スポンサーリンク



基本の出し方!


まずは基本の出し方から^^

産院で教えてもらった人も多いと思いますが、
今一度おさらいしてみましょう!


ここがポイント 基本的なげっぷの出し方!


  1. 赤ちゃんの首を支えながら縦抱きにし、
    赤ちゃんのあごをママの肩にのせます


  2. 赤ちゃんのお腹がママの肩~胸に密着するようにし、
    赤ちゃんの体が垂直になるよう調整します


  3. 赤ちゃんの背中をトントンとたたきます



この時、ゲップした勢いで、ミルクを吐いてしまうこともありますので、
ママの服が汚れないように、ガーゼやタオルをかけておくといいですね!


このやり方でうまくゲップ出ない場合は、
手順3のトントンを強くしたり、長くやったりする人がいます。


しかし、残念ながら、あまり意味はありませんΣ(|||▽||| )


しかも、意味がないどころか、
ただ吐き戻してしまう可能性もありますので、
少しやって、出ないなーと思ったら、次の章の方法へ移ってください^^


スポンサーリンク



それでも出ないときの出し方!


先程の基本の出し方に名前をつけるなら、
「赤ちゃんを垂直にして、げっぷさせる方法」
(って、そのままですね(^_^;))


しかし、その方法でも、げっぷが出にくい赤ちゃんには、
「赤ちゃんを前かがみにして、げっぷさせる方法」を試してみてください(笑)


赤ちゃんによって、
「垂直」のほうが、げっぷしやすい子と、
「前かがみ」のほうが、げっぷしやすい子がいるため、
我が子がどちらなのか、しっくりくるまでは、両方試してみるのがおすすめです。


後で詳しい手順は説明しますが、
とても分かりやすく、説明してくれている動画を見つけたので、
まずは、見て感覚を掴んでください↓






文章で書くと、こんな感じ。


  1. 赤ちゃんを、ママの右太ももに、右を向いて座らせます。

  2. 赤ちゃんの左脇の下からママの右手を入れ、
    倒れてしまわないように支えます。

  3. 赤ちゃんの背中をトントンしたり、丸くなでたり、
    さすりあげたりしてみてください。


色々と試してみた結果、コツは、

『太ももの上に座らせた赤ちゃんを、
 できるだけママのお腹に近い場所に引き寄せること。』


密着した状態の方が、赤ちゃんの体も安定しますし、
安心感からか(?)上手にげっぷできた気がします!



さて、このどちらかの方法で、ほとんどの赤ちゃんは、
気持ちよさそうなゲップを、出してくれた事だと思います(笑)


しかし、これらの方法でも、うまくげっぷできない場合、
ぜひ次の章をチェックしてください!


もしかして、そのゲップ、必要ないかも・・・(; ゚Д゚)?


スポンサーリンク



それでもそれでも出ないときにチェックすること!


いろいろなやり方で試してるのに、一向にゲップしてくれない!

という、手ごわいお子さんをお持ちのあなた。



もしかすると、こんな可能性が考えられます。


  • げっぷの代わりに、おならで空気を排出できている

  • 母乳育児なので、そもそもあまり空気を飲んでいない

  • ミルク育児の場合でも、寝姿勢ではなく、
    座り姿勢で飲んでおり、空気を飲んでいない



いずれの場合も、わざわざげっぷさせる必要がありません。


特に、母乳で育てているママの場合、

「上手に飲めれば、げっぷさせなくて大丈夫よ!」

と、産婦人科でも言われているケースが多いです^^


赤ちゃんにゲップをさせるコツ

では、げっぷさせる必要がある時は、どんな状態でしょうか?


チェックポイントは、2つ


  • お腹がふくらんで、触ると固く、張っているような感じがする

  • 仰向けに寝かせると、苦しそう


このどちらかに該当する場合は、お腹に空気が入っている証拠です!

この場合は、頑張ってげっぷを出してあげてください^^


逆に言えば、どちらにもあてはまらなければ、
無理にげっぷさせようと、頑張る必要はありませんよ^^


まとめ


いかがでしたか?

授乳の度、赤ちゃんにげっぷさせるのは結構大変。


しかも、上手にげっぷできず吐き戻してしまうと、
精神的にもげんなりしますよね(;д;)


けれど、この作業が必要なのもあとちょっとの間!

寝返りが打てるようになれば、お腹を圧迫されて自然とげっぷできるようになりますし、
赤ちゃんの「飲み方」も上達して、空気を飲まず、ミルクだけを飲めるようになっていきます!


つまり!あの恍惚の表情を見られるのもわずかな期間!!
そう思って、もうしばらく頑張りましょう♪

応援しています!


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントは2件です

  1. れお より:

    右太ももの右向きだとおかしくないですか?

    • とっちぃ より:

      れお様 
      コメントありがとうございます。

      お母さんの右太ももにのせて、赤ちゃんを外側に向かせるのであっていますよ。

      動画の45秒あたりを見ていただければ、どういう形が分かります^^

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて