スペインでは、暑い夏の時期、昼過ぎの活動をすべてやめて、
昼寝をする「シエスタ」が普及しています。


あぁ、スペイン人が羨ましい・・・なんて思っていたら、
日本でも、昼寝タイムを導入する企業が増えているというじゃありませんか!


しかもこれ、2014年3月に厚生労働省から発表された、
「健康づくりのための睡眠指針 2014」にしっかり盛り込まれた、
いわば、国の施策でもあるんです!


世界でも2番目に寝ていない民族・日本人・・・・・・、
これはぜひ昼寝を活用して、仕事の能率と生活の質を向上させたいところ!


もうサボってるなんて言わせない!


罪悪感なく、堂々とお昼寝するために、
昼寝がもたらすメリットと、効果的かつ上手な取り方をご紹介します。



早速見ていきましょう!






厚生労働省お墨付き!現代人に必要な昼寝を知ろう!


国が昼寝を勧めている!という衝撃の事実。


しかし、昼寝と言っても、日がな一日、
あなたの隣のデスクで寝ているおじさん社員を、肯定しているわけではありません(笑)


厚労省の指針では、「日中眠気を感じる」人は、睡眠不足である可能性を指摘しており、
「午後の早い時間帯」に、「短めの睡眠」をとることが、仕事の能率を改善すると言っています。


しかも、睡眠不足は蓄積すると改善に時間がかかります。

また、休日の「寝だめ」は解決策にならないばかりか、
睡眠のリズムを更に悪化させる可能性がΣ(゚д゚lll)


睡眠不足で、仕事の作業効率が下がったり、
車の運転でドキッとした経験は、あなたにもあるはず!


夜の睡眠時間をこれ以上取れない、忙しい現代人にとって、
「昼寝」こそが、すべてのトラブルの解決につながるというわけですね!


昼寝の効果



そして、いい昼寝をするためには、


  • 午後の早い時間帯

  • 短めの睡眠


  • どうやらこのふたつがキーワードになりそう・・・!


    では、効果的な昼寝をとるための具体的な方法を見ていきましょう。



    スポンサーリンク




    「午後の早い時間帯」「短め」に昼寝することが重要な理由!


    昼寝を義務付けている国内外の企業の取り組みを見てみると、

    • 12時~15時までの間

    • 15~30分間


    の昼寝を推奨している所が多いよう・・・。

    実は、これにはれっきしとした根拠がありました!



      【午後の早い時間帯】がいい理由!

    • 昼食後の満腹感、人間が本来持っている体内時計の両方が、
      13~14時に眠くなるようにセットされている

    • 15時以降に眠ってしまうと、夜の睡眠を阻害する



    • 【短め】がいい理由!

    • 30分以上眠ってしまうと、深い睡眠に入る周期に突入してしまい、
      すっきり起きられなくなる

    • 昼寝は、夜の睡眠より3倍の効果があるので、短くても充分効果的



    人は、睡眠によって、その日あった出来事を脳内で整理したり、
    必要な記憶を定着させているということですが、
    その効果が 昼>夜 で3倍とのこと!

    リラックスや休息の意味だけでなく、
    脳内の不要な情報を整理する、記憶力を高めるなど、
    現代ビジネスマンが昼寝をする必要性が、ますます揺るぎないものになりました^^


    理論が分かったら、実践あるのみ!!


    しかし、昼寝がいいことはよく分かったけど、
    • デスクで突っ伏して寝るなんて、余計肩凝りそう・・・

    • 職場を離れて熟睡してたら、いつまでも寝ちゃいそう・・・

    そんなあなたにおすすめしたい、ビジネスマンの上手な昼寝方法をまとめました!

    次の章では、具体的な昼寝方法についてご紹介します^^

    スポンサーリンク



    ビジネスマンにもできる! 最高に効果的な昼寝の取り方!


    では、さっそく行きますね!


    1.目を閉じるだけで充分!


    昼寝に必要とされるのは、「体」を休めることよりも、「脳」を休めること。

    横になるスペースがなくても、ゆったりと椅子に座って、
    昼休みの20分間を、目をつぶって過ごすだけで効果はあります。


    2.20分で起き、仕事に戻れるよう保険を掛ける!


    アラームをセットしておくのはもちろんですが、
    昼寝に入る直前に、1杯のコーヒーを飲んでおきます。

    飲んだ20~30分後からカフェインがじわじわ効き始め、
    起きた時に、しゃきっと仕事に戻ることができます。


    昼寝の眠気覚ましにコーヒー

    3.安眠環境を整える!


    もしデスクで昼寝を取るのなら、アイマスク・耳栓は必須アイテムかもしれません。

    また、小さい枕・ブランケットなど、職場の雰囲気が許す限りの安眠グッズを持ち込みます。
    安眠効果のあるラベンダーのポプリを、枕に忍ばせておくのもおすすめ。

    こうすることで、

    「今日から私は昼休み、昼寝をします」

    という周囲への意思表示にもつながります(笑)


    4.昼寝のメリットを同僚に拡散する!


    ビジネスマンの昼寝に不可欠なのは、何と言っても「同僚の理解」・・・。

    昼寝のもたらすメリットを日ごろから説明しておき、
    午後は、昼寝効果を最大限に発揮した作業効率で、バリバリ仕事をしましょう。



    まとめ


    いかがでしたか?

    昼寝がなくても支障のない生活を送ることが一番ですが、
    根本的な生活習慣の改善は、なかなかすぐには実行できないものです(´Д`;)


    昼寝する→作業効率上がる→残業時間減る→早く帰れる→たくさん寝れる→昼寝要らなくなる!

    というのが理想的なコースですが、
    その一歩目である「昼寝する」を、ぜひ明日から実践してみてください!!

    きっと仕事以外の面でも、たくさんのメリットを感じられるはずです。