夏バテ対策!超簡単で効果的な予防方法とは?

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

夏バテ対策!超簡単で効果的な予防方法とは?


「今年もまたこの季節がやってきた…」


夏といえば、子供たちと海やプールに行って泳いだりハシャギながら、
真っ黒になるまで遊んだり、仲間と集まって川でBBQなんかも最高です!!



ただし、元気ならば…


そうです、夏といえば楽しいことだけではなく、
恐怖の夏バテのシーズンでもあります((( ;゚Д゚)))


スポンサーリンク



夏バテになると、常に体がだるく食欲もなくて、
楽しいはずの海やBBQが楽しめなくて、悲しい夏に…

しかも、なかなか回復しないので、気が付けば夏の終わり。゚(゚´Д`゚)゚。



そんなツラく悲しいことにならない為に、
夏バテ予防と対策を万全にして、夏を満喫する方法をご紹介します!




予防の前に、まずは、一体夏バテって何?について、
知ってたいた方が、予防や対策を考えやすいので、見ていきましょう!


スポンサーリンク



夏バテはなぜなるの?原因と症状!


夏に起こる体の不調の症状をまとめて表現した言葉が、「夏バテ」です!



つまり、暑さが原因で、体がダルくなったり、食欲がなくなったなど
全ての症状を、夏バテと言います。



と、これだけでは分かりにくいので、簡単にメカニズムの説明を(´∀`)


  1. 暑さの影響で大量の汗をかく

  2.     ↓

  3. 大量の汗により身体の水分がなくなる

  4.     ↓

  5. 大量に水分補給をする

  6.     ↓

  7. 大量の水分補給で、胃液が薄まり胃腸に負担がかかる
  8.  
        ↓

  9. 消化機能が低下して、食欲が落ちる

  10.     ↓

  11. 栄養不足になり、体力が落ちる

  12.     ↓

  13. ダルさや無気力などの、夏バテの症状がでる



これで分かるように、夏バテとは、
消化器系が弱り食欲が落ちて、スタミナがなくなる事とも言えます!


もっと簡単に言うと、体力がなくなり、気候の変化に適応できなることで、
身体の調子が悪くなってしまうのです(;´Д`)


逆に言えば、しっかりと食事をとって、十分な栄養を補給をすれば、
いくら暑い夏と言えども、夏バテにはなりにくい!ということですね。


ちなみに夏バテの原因や症状についてはこちらで詳しく紹介しています。
夏バテの意外な症状と3つの原因!あなたは大丈夫?



「それができないから困ってるんだ~q( ゚д゚)pブーブーブー」


なんて、お怒りの声が聞こてきそうなので、
次に、簡単にできる夏バテの予防対策を、ご紹介します!


スポンサーリンク



夏バテ予防を超簡単に!


あなたにも経験があると思いますが、
一度夏バテになってしまうと、簡単には回復しません…

と言うのも、栄養が不足して夏バテ状態になっているのに、
食欲が落ちて、栄養補給ができない~!


すると、更に体力が落ちて…と、負のスパイラルにハマります((( ;゚Д゚)))


夏バテの予防

そこで大切なのは、夏バテにならない環境を作るです!



夏バテにならない環境を作るには、

  • 食事

  • 運動

  • クーラー

この3つのポイントに気を付けて生活する!


と言っても、特別に難しい事をする訳ではなく、
普段の生活に少しの工夫や意識するだけでできることばかり(*^_^*)



しかし、この3つのポイントを気を付けるようになってから、
私は、夏バテ知らずで夏が楽しいので、個人的には効果はあると思ってます^^


それでは、それぞれを詳しく見ていきましょう!



スポンサーリンク



夏バテ予防の食事とは?


夏が近付いてくると、疲れにくい体と体力をつける事を、意識した食事をします!


と、大げさに書きましたが、そんなに難しく考えないで、
体に良さそうなものを、バランス良く、しっかり食べているだけです(´∀`)



簡単に実践できるコツとしては、


  • 食欲を刺激する物を食べる

  • 冷たい食べ物ばかり食べない

  • 精が出るものを食べる

  • 旬の野菜を食べる



暑くなってくると、そうめんや冷麺など美味しくて食べやすいので、
ついつい、冷たい食べ物ばかりを食べがち(-_-;)


しかし、冷たい食べ物ばかり食べてると
胃腸に負担がかかり、消化機能が低下し食欲不振に


例えば、冷麺を食べるならラーメンを、冷やしうどんを食べるならあったかいうどんを、
意識して食べるようにしてください。


温かい食べ物は胃腸に負担をかけることなく、
あなたの食欲を守ってくれますよ(´∀`)



そして、精がつく食べ物ですが、夏場は大量の汗とともに、
ビタミンやミネラルも流れて出て不足になりがちです。


レバー・にんにく・うなぎなどは、体力増強の定番ですが、
納豆やおくらなどのネバネバ系の食べ物は、疲労回復・体力増強に良いだけでなく、
消化を助けてくれる成分も含まれているので、おすすめですよ!



夏バテ予防の運動とは?


暑い夏はどうしても、運動量が減ってしまいます。

しかし、体を動かした汗をかく事は予防対策としても大切


汗をかくことで、体温の調節ができて体のバランスが整います。


また、体を動かすことで、食欲も増し体力増強にもつながり、
一石二鳥ところか、一石三鳥です(笑)


ただ、真夏の昼間は、熱中症の危険がありますので、
早朝か夕方の少し涼しい時間帯がおすすめ!

あまり激しい運動よりは、軽く汗をかく程度のウォーキングが良いですね!


スポンサーリンク



夏バテ予防にクーラーとは?


夏バテの最大の敵はクーラー


クーラーの効いた部屋に長時間いると体がダル~くなります(;´Д`)

また、温度差が激しい外に急に出ると、クラクラ目まいがすることも…


実は激しい温度差は、体にかなりの負担がかかり、
体温調節をしている機能がバランスを崩すことが原因で、
体調に不調が出やすくなりますΣ(゚д゚lll)ガーン


いくら暑いからと言って、部屋の温度を下げ過ぎないで、
外気との温度差が5,6℃程度になるようにクーラーを設定しましょう!

私の家では、クーラーの温度は常に28℃


夏バテ対策

最初は暑く感じることもありますが、慣れてくれば意外に快適(*^_^*)


身体もダルくならことなく、急に外に出てもクラクラしません。


エアコンの温度設定を高めにするだけなので、
簡単に実践できますよ^^


ちなみに、仕事などで一日クーラーがガンガンに効いた
寒い部屋で過ごすという人は、仕事が終わったら、
シャワーだけでなく、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かってくださいね。



まとめ


いかがでしたでしょうか?


夏バテをしっかりと予防して、たっぷりと夏を楽しみましょう!


ちなみに、食欲が落ちてきたときは、
辛くて熱~いキムチ鍋を食べます(;´∀`)

大量に汗をかきますが、すっきりと元気になりますよ!


しっかりと食べて、適度に運動をして、
夏バテ知らずで夏を満喫しましょう!


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて