子供の身長を伸ばす為にできること!今すぐ試すべき3つの方法とは?

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

子供の身長を伸ばす為にできること!今すぐ試すべき3つの方法とは?


「うちの子供、身長低いから…」


子供についての悩みにひとつに、背の高さがあります。

女の子ならば、多少低くても良いのですが、男の子だとどうしても気になりますね。


私の友人でも、身長が低いお父さんはかなり心配のようで、
「私に似ないで、身長高くならないかなぁ」って、よく言ってます。


自分が身長が低くて、

  • 高いところの物が取れない
  • 人が多いところでは埋もれてしまう
  • スポーツで不利だった
  • 前の人が邪魔で見たいものが見れなかった
  • 女子にモテなかった
などなど、数々のツライ経験をしたので、
子供には同じ思いをさせたくないとのこと…。


この記事を見てくれているという事は、あなたもの同じように悩んでいるのではないでしょうか?


そこで今回は、そんなあなたの悩みを解決すべき、
子供の身長の伸ばすために親ができることをご紹介します!


「どうせ遺伝だから」と諦める前に、何かできる事はないのか
一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク



そもそも子供の身長を伸ばす事ができるのか?


子供が身長が高くなるか低くなるかは、一体何で決まるのでしょうか?

実はいくつかの要因があるのですが、代表的なものは、
  • 遺伝

  • 栄養

  • 運動

  • 生活環境

の4つです。


この中でも、遺伝が身長に与える影響は大きいと思っている人が多いと思います。

しかし、実際には、遺伝が子供の身長に与える影響は25%程度で、
実は、子供の身長がどうなるかは、遺伝以外の事の方が大きいのです!


確かに遺伝がすべてだと、

「子供を高くするために、親にできる事は何もない(; ・`д・´)」

と、嘆きながら、諦めるしかないですが、
遺伝以外に影響するなら話は別!

まだまだ諦めるのは、早いですね^^

あなたにも、子供のためにできる事は色々とあります!

では、一体何ができるのか、詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク



子供の身長を伸ばすために親ができる事とは?


遺伝以外で、身長に影響があるのが、
「栄養」「運動」「生活環境」でした。

この3つをうまく生活に取り入れていけば、
子供の身長にいい影響を与えそうですね!


しかし、なんとなく取り入れるだけだとあまり効果が期待できないどころか、
かえって逆効果になることもあるんです(;゚Д゚)!


そこで効果的に取り入れるために、注意するポイントなどを、
それぞれ、詳しくご紹介しますね!


子供の身長を伸ばす


栄養


まずは、栄養素。
なんといっても身体を作るのは食事、つまり栄養素が何よりも大切!

ようするに、食生活が身長に大きく影響するということです。


私たちの子供のころは、親に
「牛乳飲まなかったら、背が伸びないよ!」
と、言われてました。

また、小魚なんかもよく食べさせられた記憶があります。

そうなんです、昔は、「身長を伸ばす=カルシウムを摂る」という考え方が一般的。


しかし、実はカルシウムは、骨を強く太く固くしますが、
骨を伸ばす効果は、あまり期待できません。


骨が伸びないと、身長も伸びませんよね。


そして、その骨を伸ばすには、タンパク質が必要

他にも、マグネシウム、亜鉛、アルギニンなどを、
バランス良く摂ることが重要です。


ただ、この中でも、成長期の子供には、特に大切なアルギニンのように、
普段の食事からは、必要量を摂るのが難しい栄養素もあります。


「えー!だったらダメじゃん( ノД`)シクシク…」

と、思ったあなた!安心してくださいね。
最近では、成長に必要な栄養素に特化したサプリもあります。


なので、普段の食事はできるだけバランスいいものにして、
どうしても足りない栄養素は、サプリメントで補助するのが良いと思います。


身長を伸ばすサプリについてはコチラに詳しくご紹介しています。
→ 子供の身長を伸ばすサプリは効果ないって本当?実はここが間違っていた!



運動


栄養に続いて大切なのが運動!

ただし、注意してほしいのは、適度な運動をすること。


運動がいいと思って、過剰な運動をすると筋肉が固くなり、
骨の成長を止めてしまう場合があります(;゚Д゚)!


そして、昔から迷信のように言われている
「バレーボールとバスケットボールをやると身長が高くなる」
ですが、実はあながち間違えではありません。


ジャンプを多用するスポーツをすると、縦方向に負荷がかかり、
足が鍛えられます。


ちなみに、急に背が伸びるときに起きる膝の下あたりが痛くなる成長痛。

実は、身長が伸びるときは、身体全体ではなく足を中心に伸びます。
そして、膝の下あたりで新しい骨を作られるのが原因。


ということは、足に毎日、適度の負担と刺激を与えるスポーツは、
身長が伸びる要因になりますね^^



バスケ・バレーの他にも、縄跳び、ダンス、水泳、バレエなども効果的!




生活環境


生活環境といっても色々ありますが、一番大切なのは、「睡眠

昔から、寝る子は育つといいますが、身長を伸ばすには睡眠は不可欠。


実は身長を伸ばす大切な要素に「成長ホルモン」があります!

成長ホルモンとは、その名の通り、
骨を伸ばしたり筋肉を発達させたり、成長に必要なホルモン。


この成長ホルモンですが、寝てる間に分泌されるホルモンで、
午後22時から午前2時に、もっとも多く分泌されます。

さらに、眠りについてから2~3時間後にも分泌が増えるので、
逆算すると、子供を20時までに寝かすのが理想です!

そして、中学生までは、一日9時間以上の睡眠が必要。


テレビ・スマホ・ゲームなどは、夜にさせないルールを作るのなどして、
早寝早起きできる環境を整えてあげてくださいね(#^.^#)


ちなみに、生活環境のひとつとして、正しい姿勢も大切!


特に猫背は、体内の消化器官を圧迫して、栄養の消化吸収を邪魔します。

正しい姿勢を心掛けるだけでも、身長が伸びるのにプラスの要素になりますよ!


スポンサーリンク



まとめ


いかがでしたでしょうか。

子供の身長を伸ばす方法をご紹介しました。


遺伝の部分は仕方ないとして、それ以外にできる事はたくさんあります。


まとめると、
  • バランスの良い食事をさせる

  • 足りない分はサプリなどで補給する

  • 適度な運動をさせる

  • 早寝早起きでしっかりとした睡眠

これらを生活の中に取り入れるだけで、何年後かには大きな差になると思いますよ!



ちなみに、ストレスは子供の成長には厳禁!

今回紹介した方法は、どれも適度にすることが効果的です。

子供がストレスを感じるほど、やり過ぎることなく、
親子で楽しみながら実践してくださいね!


ただし、成長が遅れているだけでなく、低身長症という病気の可能性もあります。

詳しくはこちらの記事で紹介していますので、参考にしてください。
→ 子供の身長が低い…もしかして低身長症なの?判断の目安をご紹介!



あなたのお子さんの身長を伸びる事を、心から願っています^^


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて