ステロイドの強さとは?副作用は使い方次第?

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

ステロイドの強さとは?副作用は使い方次第?


ステロイドにはどんなイメージがありますか?

私の友人が酷いアトピー性皮膚炎だったので、
治療にステロイドを使っていました。


『ステロイドは副作用があるので、使いたくない。』


友人の言葉が頭に残っていて私はステロイドに対しては、
効果はありそうだけど、副作用がキツい薬というイメージです。

N811_higewoijirudansei500
あるお医者さんのサイトを見ていると、
実際にステロイドを拒否する患者さんがいたようです。


しかし、理由を聞いてみると、


『なんとなく怖いから』
『親や友達が危ないと言ってたから』
『副作用があるって見た気がするから』


などなど


ほとんどの人が私と同じで、詳しくは知らないけど、
イメージが悪くて、なんとなく怖いと思ってるだけですね。


悪魔の薬とも言われた事があるステロイドですが、
実際は、どんな薬なのでしょうか?


スポンサーリンク



ステロイドの強さとは?


そもそもステロイドとはどんな薬なのでしょうか?


湿疹やかぶれなどの炎症を抑える薬で、
アトピー性皮膚炎の治療に使われる事で有名ですね。


副作用が恐ろしい薬だと思われていますが、
ステロイドはなんと体内でも作られています


副腎皮質という臓器から毎日一定のステロイドホルモンが作られます。
このホルモンは体の免疫を整えたり、炎症を抑制します。


ステロイドホルモンを人工的に作ったのが、ステロイド薬です。

スポンサーリンク


ステロイド薬には、塗り薬、注射、飲み薬などたくさんの種類があります。


そして、ステロイド外用剤には強さのランクがあります。


ステロイドの強さをしっかりと把握してなくて、
使用したことで副作用のような症状になる事があるようですね。


ステロイドは強さが5段階に分けられています。

Ⅰ群 最も強力(strongest)
Ⅱ群 非常に強力(very strong)
Ⅲ群 強力(srong)
Ⅳ群 普通(medium)
Ⅴ群 弱い(weak)

ちなみにドラッグストアなどで買える、
市販のステロイドは、Ⅲ群からⅤ群になります。


強さランク別の使用方法は、

最も強いステロイドは、炎症の度合いがかなり酷くて、
炎症の部分が狭い場合に使用されます。

非常に強いステロイドは、慢性的な炎症が改善されない場合や、
急性の炎症をすぐに抑える場合に使用されます。

強いステロイドは、皮膚が炎症を起こしていて、強いかゆみがあり、
皮膚の組織が壊れている場合などに使用されます。

普通・弱いステロイドは、幼児や弱い皮膚に使われます。


ステロイドの強さと副作用の強さは比例しますが、
ランクが高くても副作用が弱い物もあります。

例えば非常に強力なステロイドのⅡ群の中に、
ネリゾナの名前の薬は副作用が微弱だと言われています。


ステロイドの副作用は、強さより使用方法にあるようです。


スポンサーリンク



副作用のないステロイドの使い方


ステロイドを使用すると必ず副作用があると思われていますが、
正しい使用方法を守って使用すると副作用はありません。


個人差があるので絶対に副作用がないわけではないですが、
殆どの場合は、使用期間を守らないで長期間使用する事で、
副作用がでるようです。


ステロイドを上手に使いこなすと短期間で、
しっかりと炎症を抑える効果
があります。


では、副作用のないステロイドの使い方とは、
どんな使い方なのでしょうか。


一言で言うと、


『信頼できるお医者さんに処方してもらったステロイドを、
指示通りの期間や量を使用することです。』



本来ステロイドは、お医者さんに診察してもらって、
薬の強さや塗る頻度、期間などをしっかり守れば副作用にならないのです。


あえて信頼できるお医者さんと書いたのは、なんの説明もしなくて、
1,2種類のステロイドを渡すだけのお医者さんが、
残念ながら現実にいてるからです。


ステロイドを処方されたときは、お医者さんに使用法などを、
詳しく説明してもらうようにしてください。

N934_karutewomitekangaerudr500

病院嫌いな人や、近くに良いお医者さんがいない人は、
ドラックストアなどでステロイドを購入して使用する事になると思います。


市販のステロイドを使用するときの注意点は、

  • ステロイドに付いている使用方法をしっかりと読んで守る。
  • 自分で使い方を判断しないで書かれている注意事項を守りましょう。

  • 回数と塗るタイミングを守る。
  • 塗るタイミングはお風呂上がりが清潔なのでベストです。
    回数は症状が良くなって来たら徐々に減らします。

  • 塗る量を守る。
  • 使用量は多過ぎても少な過ぎても効果が弱くなります。
    説明書の適量を守って使用してください。

  • 使用期間を守る。
  • 一般的にステロイドは長期間使用しないと言われます。
    一週間から2週間たっても改善されないときは、病院に行きましょう。


まとめ


ステロイドは使い方次第で有効な薬だと思います。


ステロイドの使い方をまとめると、

  • 患部以外の部位には使用しない。
  • 予防的な使い方をしない
  • 症状にあった強さのステロイドを使う。
  • 長期間の使用はしない。
  • 出来るだけお医者さんの診断を受ける


正しい方法で使用すれば、怖いと思っていたステロイドも、
短期間で炎症を抑える薬として有効に使えますね。


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて