子供に親からの最初のプレゼントが名前です。

最初のプレゼントですが、プレゼントを貰った子供は、
その名前を一生使います。


子供の名前を決める時に多くの親は、

夏の太陽の様に元気に育ってほしくて『夏』や、

健康に育ってほしくて『健太』や、

大和撫子のような女の子になってほしくて『琴美』や、

名前に願いを込めて考えます。



言葉の響きが好きで、ただ読み方だけを決めていて、
漢字を後で考えた人は少し注意が必要です。


また定番の名前の読み方だけど、人とは違う漢字を、
使おうと思っている人も少し待ってください。


あなたの使おうとしている漢字は大丈夫ですか?


良かれて思って付けた名前が、子供を一生苦しめるかも、
知れませんよ。


子供の名前に使うつもりの漢字の意味を、
正しく知ってますか?



子供に恨まれない名前の漢字の選び方について、
まとめましたので、見て行きましょう。





漢字の意味や読み方について


最近はキラキラネームと言われる奇抜な名前を、
好んで付ける親もいてるようです。


例えば、煮物(にもの)ちゃんや、四駄霊(よだれ)くんなんかは、
付けた親の悪意を感じます。

愛理(らぶり)ちゃんや、宝冠(てぃあら)ちゃんは、
子供が可愛いのは分かりますが、やっちゃた感があります。

幻の銀侍(まぼろしのぎんじ)くんや、ララ桜桃(ららさくらんぼ)ちゃんは、
もはや意味すら分かりません・・・。


これらの名前は実際に使われている名前で、
驚くと共に子供が大きくなったら・・・と、
本気で心配になりますね。


キラキラネームと分かって付けている親は、別に良いのです。


問題は、気付かないでキラキラネームを付けている場合です。


例えば、心太と書いて『しんた』という名前を付けたのですが、
心太と書いて『ところてん』と読めます。

海月『みづき』のつもりが、『くらげ』と読みます。


そして、読み方だけではなく漢字には、
その漢字の独自の意味があります。


例えば『創』の漢字ですが、新しい物を創り出す人になってほしいと、
付ける人がいてると思います。

しかし、『創』は『傷』という意味もあります。


読み方を重視して、漢字を無理に付けたり、
漢字が好きだから読み方を当て字にした場合に、
起きる事が多いです。


スポンサーリンク



意外に知らない意味の持つ漢字を紹介します。

[normal_box color=”red” border=”b3″]●『汰』にごる、おごるの意味
●『蒼』くすんだ青色、生気のない青色
●『亜』次の、2番目の、下等の
●『斗』少しの量、つまらない人間
●『涼』冷たい、物さびしい
●『乃』耳たぶのようにぐにゃりと曲がったさま
[/normal_box]どれも良く使われている漢字ですが、
調べるとマイナスに感じる意味もあります。

他にもたくさんあるので漢字を選ぶときには、
きっちりと調べてくださいね。


名前を付けた後に後悔しないようにしてください。

知らなかったは通用しませんよ。

LOK_atamawokakaeru500

なぜ、名前の漢字が大切なのか


今まで見てきて親のエゴで世界に1つだけの名前と、
考えられた名前に、ロクな名前はありません。

読み方も完全に当て字のために、一回で読んで貰える事が、
ほとんどありません。

名前を聞かれる度に、読み方を説明しないといけません、
それも一生です。


受験や就職試験で名前だけで落とされる事も、
実際に良くある話です。


子供が成長して、漢字の意味を調べた時に、
悲しい思いをする事があるかも知れません。


スポンサーリンク


実際に、小学校の漢字の授業の時に、
『○○ちゃんは調べなくて良い』と、
言われる子供もいてるそうです。


子供の名前は親の責任です


名前を決める時はしっかり調べて、
子供の一生を考えて決めましょう。


名前を決める時に一番のおすすめはこれです。


そうです、漢和辞典です。


私も子供の名前を付けるときは、漢和辞典と
にらめっこしながら考えました。


最近の名づけ本の中にはキラキラ系が載っていいる事もあり、
読まない方が良いと思います。

名前に対する感覚が麻痺するという意見も良く聞きます。


実際にYahoo知恵袋などで調べると名づけの時に使った本は、
国語辞典と漢和辞典がダントツで多いですね。


親は出産に関してはハイになります。

だからこそ基本に戻って、漢和辞典を片手に名前を考えましょう。


子供に対してのイメージの漢字の正しい意味や、
読み方を確認してください。

その時に解字の欄に悪い意味が無いかも、
一緒に調べてくださいね。

※解字とは、漢字の成り立ちを分析・解釈したもの。


最後に


名前を付けた後に、名前を変えるのはとても大変です。

漢字はそのままで読み方だけを変えるのは、
比較的簡単にできます。

しかし、漢字を変える為には、家庭裁判所で、
名前の変更の許可の申し立てが必要です。


名前は最初で一生のプレゼントです。


子供に『なぜこの名前にしたの?』と聞かれた時に、
胸を張って言える名前をプレゼントしてくださいね。