『えっ!ネクタイは白じゃなくていいの!?』

先日、友人の結婚式に呼ばれて出席しましたが、
新婦の親戚のイケメン男性が黒のスーツに色ネクタイの
おしゃれコーデをしているのを発見しました。


年齢も30代後半で子供を連れていたので、

私の価値観では、
『礼服で白ネクタイがマナーでしょう!』

と叫びたい反面、


『イケメンなイクメンにだけ許された特権?』
と、若干の嫉妬心も芽生えたので、

結婚式の男性の服装のマナーはどうなっているのか?


おしゃれをしたいけど、世間の目が気になる既婚者の皆さん、
一緒に見ていきましょう!



結婚式の服装のマナー?


なぜ、私がここまで気になったかと言うと、
友人の結婚式に行くのに礼服を着たまま一人で、
2時間電車で揺られて行ったからです。


着替えを持って行こうかと思ったのですが、
荷物になるのが面倒臭いのでやめました。


前の日に奥さんに、

普通の黒っぽいスーツでも良いかな?』
と聞いたら、

『既婚者は、礼服じゃないと恥ずかしくない?
の一言で礼服で電車に乗る決意を固めました。


と、そんなやり取りがあったので、
会場で礼服じゃない人を見ると悔しさが、
湧いて来たと言うことです^^

しまった

男性の結婚式の正式な服装を調べてみると、
昼間はモーニングで、夜はタキシードだと言われますが、
さすがに、親や新郎以外では着ないですね。


実は、正式な服装だと思われている礼服ですが、
略礼服と言われて正式なフォーマルスーツでないです。


ただし、40代以上の人では、『ダブルの礼服に、白シャツ白ネクタイ』が、
結婚式の正装だと思っている人がほとんどです。


なので、会社関係の結婚式や、親戚の結婚式でも、
少し格が高く肩肘を張らないといけない結婚式に参加する場合は、
既婚者の人なら礼服が無難ですね。


しかし、あまり気を使わない友達や親戚の結婚式の時くらいは、
男性もおしゃれをしたいですよね?


では、マナー違反にならないおしゃれな服装とは、
どんなものでしょうか?

スポンサーリンク



マナー違反にならない服装とは?


華やかな結婚式に参加するので、少しぐらいは着飾りたいと思いますよね。


a1180_005056

最近では、お葬式でもないのに黒のダブルはダサいと思うようで、
特に、20代の若い人達は着ないようです。


と、言いながら若くない私も最近礼服を新調したのですが、
ダブルではなくシングルにしました^^

店員さんに聞くと『シングルでも最近は問題ないです。』
と教えてくれたので、シングルの方がおしゃれな気がして、
買いました。


しかし、黒のダブルはダサいからといって赤や黄色のスーツを、
我々既婚者が着る訳にはいけません。


いくら昔に比べてマナーをうるさく言わなくなっても、
人としてのマナーは大切です。


結婚式は、新郎と新婦が主役です。


新郎・新婦よりも目立つ服装は控えるべきだし、
年配の方も出席しているので、不愉快な気分にさせるのは、
大人としてNGですね。


大人のおしゃれな服装の楽しみ方としては、
周りに嫌な気にさせずに密かに楽しむ事が大切です!


スポンサーリンク



大人のおしゃれな服装


派手な色のスーツやシャツを着るのが、
おしゃれではありません。


それぞれのアイテムを少しずつ変えるだけでも、
かなり楽しめます。


では、見ていきましょう。

スーツ


スーツは、礼服もしくは黒のスーツにしましょう。

最近は、濃紺やチャコールグレーなどを着てる人も、
増えてますが、独身の若者に任せましょう。


既婚者は、やはり黒でビシッと決める方がカッコイイです。


ちなみに新調したから自慢ですが、
シングルに変えるだけでもかなり雰囲気が変わります^^


先日の結婚式で私の友人(50代)が事情あって、
シングルの黒のスーツでの出席でしたが、
全く違和感なく過ごしてました。


本人は最初は気にしてソワソワしてましたが、
周りが気にしてない事が分かると安心してました。


ネクタイ


実は一番目立つのがネクタイですね。


ネクタイは思い切って、白ネクタイはやめて、
シルバーグレーのネクタイに変えましょう!


以前から、銀色のネクタイは大丈夫でしたが、
私がおすすめるのは、銀色ではなくシルバーグレーのネクタイです!


光沢のあるシルバーに目立たいない程度の柄が、
決めてですね。


もう少し冒険したいという好奇心旺盛な人は、
パステルカラーの無地のネクタイも良いですね。


そして、ネクタイを華やかに見せるコツは、
結び方をいつもと変えます。


普通に結ぶのではなく、ディンプルと呼ばれるくぼみを、
つけて結ぶだけでかなり華やかになります。

丁寧に解説してくれているので、見ながら一緒にすれば、
綺麗に結べますよ↓



結び方にひと工夫をするだけでこんなにも変わるんですね!


スポンサーリンク



シャツ


最後にシャツなのですが、最近では淡いパステルカラーなら、
ネクタイとコーディネートすれは大丈夫です。


しかし、やはり白シャツが基本です。


なので私がおすすめするのは、織り柄が入っているシャツです。


遠目に見ると無地の白ですが、側にくると柄がある事に気付くので、
さりげないおしゃれが楽しめます。


ボタンホールの糸に色が付いているシャツもあり、
かなり使えるアイテムですよ。


まとめ


昔に比べると結婚式でも自分なりの服装をしても、
そんなに浮くことはないようですね。


既婚者が楽しめる服装をまとめると、

●シングルの黒のスーツ

●光沢があるシルバーグレーのネクタイ

●織り柄がある白のシャツ



これなら、主役や他の出席者の人達に嫌な気分にさせずに、
あなたも心から結婚式を楽しめますね。


既婚者だからこそ楽しめる服装があります。


せっかくの華やかな席なので、ドレスアップして、
出かけてみませんか?