結婚式の二次会!開始時間の決め方が成功のカギ!

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

結婚式の二次会!開始時間の決め方が成功のカギ!


御結婚おめでとうございます!

結婚式の二次会の幹事に、選ばれたあなたは、
友人からの信頼が厚い証拠ですね。


選ばれたからには、期待を裏切る訳にはいきません!


何としても、結婚式の二次会を大成功させなければ、
せっかくの、おめでたいムードも台無しになります。


幹事さんが、決めなくてはいけない事は、
たくさんありますが、その中でも大切なのが、
開始時間ですね!


せっかく、他の準備を完璧にしても、
開始時間を失敗すると、楽しいはずの二次会が、
残念な二次会になる事は、良くある事です。


かつて、100人規模の結婚式の二次会を大成功させて、
新郎より先に、参加者から喜びの胴上げをされた経験をもつ、
幹事マスター(自称)の管理人が、

失敗しない結婚式の二次会の開始時間の決め方を、ご紹介します。


この記事を、読み終わる頃には、
結婚式の二次会の時間に関して不安が一切なくなり、
幹事名人と名乗れますよ!(名乗る気は無いと思いますが(^^ゞ))


では、早速みていきましょう!

スポンサーリンク


二次会の開始時間について!


二次会の幹事さんが、意外に大切に扱わないのが、
二次会の開始時間です。


『結婚式が15時に終わるから、19時開始くらいで良いか!』
なんて感じに、まさか、決めてませんよね?


はっきり言って、それでは100%失敗します。


開始時間を、完璧な時間に設定できるかで、
二次会の成功が99%決まる!は少し言い過ぎですが^^
決して間違ではありません。


と言うのも、開始時間によっては、
せっかく来てくれた友達が、ダレたり、イライラしたりして、
全く楽しめない二次会になる事があります。


そんな、悲しい二次会に、ならない為には、
結婚式終了の時間から、二次会が始まるまでの時間を、
考える事が、非常に、大切になります!


この間の時間を、幹事マスター業界の専門用語では、
『待ち時間』と言います。
(こんな業界ありませんが(^_^;)ゞ)


実は、この待ち時間をどれくらいにするかが、
幹事の腕の見せ所になってきます。

53035e68967a2222d9b28097f9f9bb93_s

理想の待ち時間は、後で詳しくご紹介しますが、
普通に考えても、4時間は長すぎです。


当然、結婚式から、直接二次会に参加する人も、
数多くいます。


管理人は、以前、結婚式から待ち時間が、
4時間もある二次会に、呼ばれた事がありました。


家から遠い場所だったので、一旦帰る事も出来ず、
どこか店でも入って、時間を潰そうかと思いましたが、
ゆっくりできそうな店も、ありませんでした。


一緒に、結婚式に参列した友達と、話をして、
過ごしましたが、二次会が始まる頃には、
二人共、グッタリしていました。


それでは、参加者がグッタリする事なく、
楽しむ事ができる、最高の開始時間を、ご紹介しますね。

スポンサーリンク


最高の開始時間とは?


先に結論から言うと、

『結婚式が終了してから、2時間後!』
が、最高の開始時間です。


結婚式に出席した事がある人なら、分かると思いますが、
結婚式や披露宴は、時間通りに終わりません

式が長引く事も多いですが、無事に終わっても、
新郎・新婦が、すぐに解放される訳ではありません。


終わってからは、ドレス姿の新婦と写真を撮ろうと、
待ち構えている友達や親戚との、撮影会が始まります^^

wedding-91797_640
と同時に、久しぶりに会う親戚の人との挨拶や、
中には、握手会に発展するパターンまであります。


芸能人なみの、写真撮影を、なんとかこなすと、
次に待っているのが、衣装チェンジです。


ドレスやタキシードを着替えてから、
残っている親族などを、見送っていたら、
あっという間に、時間が過ぎていきます。


以前、新郎と新婦が、間に合わなくて、仕方なく、
先に始めた二次会に、参加したことがあります。

45分遅れて、ようやく主役が登場しましたが、
会場には、完全にダレた空気が流れていました。

まぁ、主役がいないので、仕方がないですが(^_^;)


そんな失敗をなくす為にも、
あまりにも、待ち時間が少ないのも、
おすすめしません。

028

その他にも、時間が短すぎると、
披露宴から参加している人達は、
お腹がいっぱいのままです。


空き時間を少し増やす事で、二次会での料理も、
楽しんで貰えますよ。


しかし、3時間では長すぎます。


今までの経験上、待ち時間を3時間にすると、
一気に、文句を言う人が増えます。


披露宴で、良い感じに、まわっていた酔いが覚めて、
テンションが下がりだすのも、3時間後ぐらいです。


やはり、最高のテンションで望むには、
2時間がベストタイムという事になりますね!


しかし、これだけはないのが、
幹事の奥の深いところです。


最後に、確認して欲しい事をご紹介します。

スポンサーリンク


最後にする確認とは?


最高の開始時間が、決まったところで、
最後に大切な事を確認してください。


それは、二次会の会場の場所です。

wedding-banquet-230196_640
これによって、最終的な時間が変わってきます。


結婚式場から、徒歩10分ぐらいが、
二次会の会場でしたら、何の問題もありません。


しかし、移動に1時間かかるのであれば、
時間的に、非常に厳しくなります。


二次会の開始時間を決める上で、
会場までの移動時間は、非常に重要です。


そして、もう一つ確認しておきたいのが、
会場を何時まで使えるかです。


長く使えるのであれば、
万が一、主役の到着が遅れても
なんとか対応できます。


しかし、使える時間が短い会場の場合は、
どうしても、時間に余裕がなくなるので、
開始時間を遅らせる等の、調整してくださいね。


そして、受付や準備に、
最低でも、30分はかかります。


これらの時間を、全て考えると、

待ち時間2時間+移動時間=二次会の受付開始時間

が、最高の時間の決め方です!


まとめ


幹事さんには、大変な事がたくさんありますが、
結婚式の二次会が、大成功した時には、
何とも言えない満足感と喜びに包まれます。


しかも、新郎・新婦はもちろん、
参加した人達からも感謝されます!


みんなの思い出に残るような、
大成功の二次会になる様に、
心から応援しています!


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて