ヘアカラーで染めるコツとは?これで自宅でも失敗なし!?

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

ヘアカラーで染めるコツとは?これで自宅でも失敗なし!?


美容室で髪を染めてもらうと、1回数千~1万円以上します。

もし、自宅で自分で市販のヘアカラーで、
キレイに染めることが出来れば、
1,000円以下でカラーリングができて、
気分も変わりますし、お財布にも優しいですね


ヘアカラー

しかし、自分でやると、髪の毛が痛んだり、
元々染めてなくて伸びてきて色が変わっている部分、
別名『プリン頭』も部分だけ色ムラにならないかが心配ですね


市販のヘアカラーでキレイにセルフカラーリング出来れば、
いつもキレイにおれると思いまとめました


スポンサーリンク



ヘアカラーの選び方


最近は、ヘアカラーの種類がとても多くて迷いますね
色の種類も多いですし、出しているメーカーの数だけでも、
何社あるの?と思うくらい販売されていますね。


新色もドンドン出てますし、どのヘアカラーを選べば良いのかは、
常に迷うと思います。髪の質にあうメーカーを見つけるには、
実際に使ってみないと分かりませんが、
逆に言うと何回か使うと好みのメーカーが決まると思います。


大切なことは、色の選び方です。
色の選び方を間違えると、せっかく染めても、
暗くなったりします。


色を選ぶ時のポイントは、
肌と瞳の色味にあった色を選ぶようにしてください


N’0cU0Y0sY'`

肌の色が、ピンクやベージュの人は、赤みの入った温かい感じの色で、
ちょっと赤みのある肌色の人は、赤みが抑えられたグリーン系を選ぶと、
自然な感じに仕上がります。

瞳の色が、明るい瞳の人は明るめのヘアカラーを、
暗めの瞳の人は暗めのヘアカラーを選ぶ
と似合います。

最近は、泡タイプのヘアカラーが増えてますが、
自分でする場合は、使いやすいので、
泡タイプを使うようにしてください。


スポンサーリンク



ヘアカラーをムラなく染めるコツ


まずはこちらをご覧ください。


丁寧に説明されているので綺麗に染める方法がわかります。



ヘアカラーを塗る前に大切なことは、部屋の室温です。
室温が高すぎても低すぎてもキレイに染まりません。

室温は20度から25度ぐらいに設定しましょう。


ヘアカラーを塗る前にムースやワックスを付けていなければ、
特に髪を洗う必要はありません。


もしも、洗う場合は、髪の毛がカラカラに乾いてから
ヘアカラーを塗るようにしてください


ヘアカラーを塗るときは、
一番染めたいところから先に塗ります

プリンを何とかしたい人は、
頭のてっぺんと根元から塗ります

そしてできるだけ時間をかけずに全体に、
ムラなく塗り忘れなく塗ります。

塗り終わったら髪の毛全体をサランラップで包みます。

10分おきぐらいに目の粗いクシで全体をとかすと、
全体的に色ムラがなく均一に染まりやすくなります


ついつい長い時間置いときたくなりますが、
説明書に書かれいる時間が一番いい時間です。
時間をしっかりと守るのもコツです。

最後に髪の長い人は、もったないと思うかも知れませんが、
かならず2箱用意して染めるようにしてくださいね。


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて