普通のマスクではPM2.5には、
効果がないと言われています。


では、PM2.5に効果があるマスクは、どんなマスクなのか?



PM2.5による汚染が深刻になってますね。


ニュースの映像で、中国の現状をみましたが、
昼間でも前が見えないくらいPM2.5が、
舞ってました。


さすがに、あの霧の中を歩く勇気はありません。


となりの国の事だから関係ないと言えないくらい、
日本でも、PM2.5の影響は深刻になってます。


私は関西に住んでいますが、PM2.5が多く飛んでいる時は、
モヤがかかった様に外がくすんで見える事があります。


さすがに、そんな時に無防備で外出するのは恐ろしいので、
対策としてマスクをします。





PM2.5にマスクの効果はどのくらいあるのか、
早速見ていきましょう!


普通のマスクではPM2.5に効果がないのか?


そもそもPM2.5とは、2.5μm(マイクロメートル)以下の物質のことで、
自動車や工場などの石油類の燃焼で発生します。

タバコの煙にも含まれています。


呼吸器系の奥深くまで入りやすいので、
健康に影響を及ぼす危険があります。


主に、肺がんぜんそく気管支炎が心配されて、
汚染の酷い中国では、死亡者も出ています。


PM2.5は非常に微小の粒子状物質の為に、
普通のマスクでは防げません。

a0002_007510

2.5μmとは、2.5mmの1000分の1のサイズになります。


具体的には、髪の毛の40分の1スギ花粉の12分の1
なので花粉用マスクでも役に立ちません。


スポンサーリンク



PM2.5に効果があるマスクとは?


PM2.5を防ぐには普通のマスクでは防ぐのが難しいです。


花粉とは、比べ物にならないくらいの微小な物質のPM2.5なので、
防ぐ為には専用のマスクが必要になります。


マスクは大きく分けて、『家庭用マスク』『医療用マスク』『産業用マスク』
3種類に分類されます。


この3種類の内、PM2.5に効果があるのが、
『医療用マスク』『産業用マスク』です。


家庭用マスクは安くてドラックストアにも売っているので、
気軽に購入できますが、PM2.5が通り抜けてしまいます。


医療用のマスクと産業用マスクにも、
更に細かい規格があります。


特に覚える必要は無いので省きますが、
2つの規格だけは覚えてください。


それがPM2.5対策に有効なマスクの規格で、
『N95マスク』『DS2マスク』です。


N95マスクとは、0.3μmの粒子を95%以上防ぎます。

DS2マスクも日本の規格ですが、N95マスクと同等
言われています。

E146_lalaganyubisasu500

高性能なN95マスクとDS2マスクですが、
少し問題もあります。


PM2.5などの微粒子を防ぐぐらいなので、
普通のマスクと比べて呼吸するのに、
抵抗が強いです。


特にこのクラスのマスクを始めて使用する人なら、
息苦しく感じるようです。


そして、安心できるメーカーのN95マスクは高価なので、
毎日使うことを考えると費用がかかります。


そこでおすすめのマスクがこれです。

N95マスクの息苦しさが改善されている医療用マスクですね。


長時間使用しても息苦しさを感じないし、
値段が安いので購入しやすいです。


PM2.5だけでなく、インフルエンザウイルスにも効果があり、
毎日の使うものなので安いと助かりますね。

スポンサーリンク


マスクの効果的な使い方


実は、PM2.5対応のマスクを購入するだけでは、
対策としては不十分です。


いくら高価なマスクを購入しても、
マスクのつけ方を間違えると、
効果が薄くなります。


まずはこちらの動画を見てください。



マスクと顔の間に隙間があればそこから、
PM2.5やウイルスが侵入します。



マスクをつける時は正しいつけ方をすることが、
とても重要です。


効果が高いマスクのつけ方を説明します。
[normal_box2 color=”red” border=”b3″]1、マスクには裏表があります。耳にかけるゴムが付いていない方が、
  顔にあたる面になります。
        
2、鼻にあたるワイヤーの部分を真ん中で半分に折ります。
        
3、鼻に合わせてワイヤーを調節します。

4、ブリーツ式のマスクは下まで伸ばします。

  この時に、口を隠すだけではなく、あごまですっぽりと
  かぶせるのがコツです。

5、最後に、マスクの表面を両手で覆って、
  息を吐きます。

  その時に顔に息が漏れている感じがあれば、
  マスクの位置やワイヤーを調整します。

[/normal_box2]

顔とマスクの間に隙間があると、PM2.5を防ぐ効果は
ほぼなくなると言うデータもあります。


特に女性や子供はサイズが合ってない場合が、
多いようです。


本気でPM2.5を防ごうと思うと、家族それぞれに合ったサイズの
マスクを用意する事をおすすめします。


マスクを効果的に使うには、顔のサイズに合ったマスクを、
選ぶことがとても大事です。