手の平、足の裏、口内にみを伴う水疱の症状の手足口病

手足口病と言えば、赤ちゃんや子供の病気のイメージですが、
大人は手足口病にならないのか?


自分の子供が手足口病になって看病してたら、
親にうつる確率はどのくらいなのでしょう。

スポンサーリンク

手足口病 大人もなる病気?

90%5歳以下の子供や赤ちゃんだと言われるくらい、
子供がかかるのが多い手足口病です。

手足口病は、コクサッキーウイルスの一種が原因でなる
ウィルス性の感染症なので、大人でもかかる病気です。

大人が手足口病にうつる確率は?

手足口病に大人がうつったり、感染する確率は、
0.6%ぐらいだと言われています。

大人に感染した場合は、
子供よりも症状が重くなる傾向にあります。
手の平や足の裏の皮が子供に比べて大人の方が、
分厚いので、痛みが酷くなります。


熱が出る人は3分の1程度ですし、
数日で治る人がほとんどです。


ただし、症状が重い人は、高熱が続いたり、
髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの神経系や心筋炎の
合併症になって死亡する場合もありますので、注意が必要です。

手足口病 予防する方法

手足口病に対して特別な治療法はなく、発症を抑える薬やワクチンもないので、
熱や手足の痛みなど、それぞれの症状を治療する対症療法で、
症状を和らげる方法しかないのが現状です。

なので、手足口病には感染しないように予防することが、
非常に大切で有効な手段ですね。


初期症状が風邪に似ていたり、感染しても発症しないで、
ウィルスを排泄したりしますので、完全に予防するのは、
難しいですが、手洗いとうがいをしっかりする事で、
高い確率で感染が防げます。


もしも、お子さんが手足口病に感染した場合は、
しっかりと手洗いうがいをして、タオルの併用や、
同じ食器でご飯を食べたりしないようにしてください。


便にもウィルスが出ているので、
オムツの後処理は慎重にしっかりとしてください。


何度も言いますが、手足口病は子供が多くかかる病気です。


大人が手足口病に感染するのは、
ストレスや普段の不規則な生活のせいで、
体力や免疫力が低下しているのが原因です。

普段から健康を心掛けてストレスを溜めないような
生活を送ることが一番の予防法です。