結婚式のご祝儀の相場とは?知らないと大変な事に!

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

結婚式のご祝儀の相場とは?知らないと大変な事に!


結婚式に招待されたけど、ご祝儀の相場はいくらなの?


相場があっても決まりがないのが、ご祝儀の金額を決める上で、
悩むところですね。


はっきりした決まりがあれば、その金額を
渡せば問題ないです。


しかし、決まりはないが、相場が存在するのが、
ご祝儀の恐ろしいところです。



あまり深く考えずに決めたご祝儀が原因で
招待してくれた相手との間に亀裂が…


お祝いの気持ちで渡したご祝儀が原因でトラブルが起きたら、
とても悲しいですね。


そんな悲しい事が起きないためにも、
トラブルにならない結婚式のご祝儀の決め方を見ていきましょう!

スポンサーリンク


結婚式のご祝儀の相場


ご祝儀の金額は、結婚式に呼ばれる立場で変わります。


あなたが、新郎・新婦からみて、親族なのか、友人なのか、
上司や部下や同僚なのかや、年齢によって、
ご祝儀の相場が決まっています


まずは、ご祝儀の相場の一覧をご覧ください。
                     
新郎新婦との関係 20代  30代  40代~
友人・知人 2~3万 3~5万 3~5万
兄弟・姉妹 5万 5万 5~10万
甥・姪 2~3万 3~5万 5~10万
いとこ 2~3万 3~5万 5~10万
職場の上司 3~5万 3~5万 5万~10万
職場の同僚 2~3万 3万 3~5万
職場の部下 2~3万 2~3万 3万
取引先関係 3万 3万 3~5万

住んでいる地域によって、多少違いはありますが、
全国的に平均したらこの相場になります。


どうでしょうか、予想通りの金額でしたか?


実は、この予想通りの相場が厄介なのです。


スポンサーリンク



ご祝儀の金額の決め方は?


あなたが結婚式に呼ばれたとして、ご祝儀の金額はどのようにして、
決めますか?



ご祝儀とは、結婚式に招待してくれた新郎と新婦に、
お祝いの気持ちを込めて渡すもの
です。

a0006_001844

様々な決め方があるとは思いますが、披露宴に呼ばれている場合は、
結婚式の食事・引き出物などの経費(2万円)+お祝いの気持ちで、
金額を決める人が多いです。


お祝いの気持ちの金額の決め方は、

友人から招待されても、『何年振りかの友人』と『親友』では?

上司でも、『お世話になった人』と『そうでもない人』では?

親類だったら、『よく付き合いがある人』と『ほとんど知らない人』では?

などを考えて自分の気持ちで決めてください。


他にも、相手の問題ではなくて、自分の状況として、
お金に余裕がある時と、金欠でピンチの時では、
ご祝儀の金額を変えていきます。


そして、意外に知らないのが金額を決める時のマナーです。


ご祝儀にしてはいけない金額を紹介します。
ご祝儀に偶数は『別れる』の意味から縁起が悪いとされています。


偶数でも、8万円は末広がりの8で縁起が良いので大丈夫です。

最近では、2万円も『ペア』という意味で大丈夫になっています。


しかし、『相手が偶数は別れるから駄目だと思っている人だと、
2万円や8万円を渡すと嫌な気持ちにしてしまう…。』


と、気になる人は、お札の枚数で調節してください。


例えば、2万円の場合は、1万円札を1枚と、5千円札を2枚
8万円の場合は、1万円札を7枚と5千円札を2枚


ご祝儀の枚数を奇数にして渡すと問題ないです。


ちなみに、10万円以上は奇数も偶数も気にしないでも大丈夫です。

例え、10万円で1万円札を10枚の偶数だらけでも問題ありません。


それと、4万円と9万円は不幸を連想させるので避けましょう。



偶数と縁起の悪い金額を避ければ基本的には、問題ありません。


しかし、渡す相手によっては、思わぬトラブルになることもあります。


とても重要な注意点なので参考にしてください。


スポンサーリンク



ご祝儀の金額を決める時の注意点!


金額を決める時に問題になってくるのが、相場です。


ほとんどの新郎・新婦なら、ご祝儀の金額なんか気にしないで、
お祝いしてもらった気持ちだけで嬉しいと感じてくれます。

a0002_007002

しかし、残念ながらそうではない新郎・新婦もいます。


実は、ご祝儀の相場をあなたが気にしている以上に、
相場を気にしている新郎・新婦がいます


例えば、
あなたが、友人の相場は3万円だと思っている友人に、
ご祝儀を2万円渡したとします。

しばらく経ってからの飲み会で、新郎が他の友人に、
『○○だけ、祝儀2万だったわ。せこい奴だ。』

と、あなたの陰口を言ってました。

それを他の友人から聞いたあなたはどう思うでしょうか?


そんな新郎・新婦なんていないと思うかも知れませんが、
これは、実際に私の周りであった実話です。


他にも、

● 『会社の同僚は全員3万円だったのに、Aさんだけ2万円だった』

● 『正直、2万円以下だった人たちの結婚式には呼ばれても
  行く気がしないぐらい嫌な気持ちになりました。』

● 『仲の良い友達のご祝儀が1万円だったのが、裏切られた気がしてショックでした。』

● 『結婚を祝ってくれていないような気がしました。今後の付き合いを考えます。』

                      (Yahoo!知恵袋から引用)


と言う話もたくさんありました。


お祝いが原因で関係に亀裂が出来たら意味がないですよね。


おすすめの対策としては、

● 友達や同僚とは、金額を話し合って統一しておく。

● 先に祝儀を貰っている場合は、同じ金額にする。

● 事情により少額しか渡せない時は、結婚式は欠席で返事をする。

● 相場通り(最低3万円)の金額にする。

● 2万円のご祝儀を渡すのが惜しい相手の結婚式には行かない。

● お祝いの気持ちをお金でしか評価しない人との付き合いはしない。


私の本音で言えば、そんな相手とは付き合いする必要はない
思いますが、まぁ、色々な事情もありますからね(^_^;)


最後に


結婚式のご祝儀はやはり気持ちで決めるのが、
一番良いと思います。

一部違う相手もいますが、ほとんどの人が、
素直に喜んでくれます


結論で言えば、
『これが今の状況で私に出来るベストの金額』と、
思える金額がご祝儀の正解です。


あなたが気持ち良くお祝いを出来る金額を包んで、
心から祝福をしてあげてください。


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて