『咳や熱がひどいけど、ただの風邪なの?』


子供が咳がひどい時に、肺炎を心配する
お母さんが多いようですね。


肺炎と聞くと、なんだか恐ろしい病気を、
想像します。


しかし、『子供の肺炎の症状は?』と聞かれると、
よく分かりませんね。





病院で大丈夫と言われても、
あまり症状がひどいと、肺炎ではないかと、
悪い想像をしてしまいます。


よく分からないからこそ、不安にもなりますね。


ところで、肺炎は、恐ろしい病気と思い込んで、
無駄に心配し過ぎてませんか?


子供の咳がひどかったので、肺炎の症状を、
徹底的に、調べた管理人が知った意外な真実とは?

子供がかかった時の、症状の特徴を、ご紹介しますので、
まずは、昔の肺炎より今の肺炎は怖くない理由から、
一緒に、みていきましょう!

スポンサーリンク


肺炎が怖くない理由とは?


子供の肺炎は、昔は怖い病気でした。

70年前だと、4歳までにかかると死亡率が2割近くで、
2歳の子供だと、実に半分以上が、亡くなっていました。


この頃の影響なのか、肺炎になったら、
治りにくく怖いイメージがありますね。


しかし、現在では、肺炎は怖い病気ではありません


もっと、言うと治らない病気ではないので、
必要以上に、怖がることはない病気です!


肺炎とは、簡単に言うと、
風邪が悪化してなる病気です。


ウィルスや細菌が、喉から気管を通って、
肺まで入り込んで、肺で炎症を起こした状態が、
肺炎と言われます。

bacteria-96601_640

肺炎は、

○ ウィルスによる肺炎

○ 細菌による肺炎

○ ウィルスと細菌の間の性質の、
 マイコプラズマによる肺炎


の3つに分かれます。

※他にも、原因が分からない間質性肺炎(かんしつせいはいえん)が、
 ありますが、子供がかかる事は、ほぼ無いので今回は、
 省いています。


この3つの肺炎の症状は、後で詳しくご紹介しますが、
3つの肺炎の中でも、症状が重いのが、細菌性肺炎です。


そして、昔は、細菌性肺炎が圧倒的に多くて、
症状が重症になる子供がほとんどでした。


しかも、細菌性肺炎に有効な治療薬がなかったので、
かかったら、後は運任せの治療だったようです。


考えたら恐ろしいですよね。



病院で診察してもらったら、お医者さんから、

『何も出来ません。後は子供次第ですね。
 まぁ、運が良ければ治りますよ!』


って、言われるような事ですから、


『肺炎って恐ろしい…。』

という事になって当然ですね。



しかし、現在では、子供がなる肺炎は、
ウイルス性肺炎と、マイコプラズマ肺炎が、
多くなってます。

この2つの肺炎の症状は、一般的に軽いものが多くて、
重症になることが少ないです。


また、症状の重い細菌性肺炎に対しても、
現在では、治療に有効な抗生物質がありますので、
命に関わるような事は、ほとんどなくなりました。


とは言うものの、症状が気になると思いますので、
3つの肺炎の症状をご紹介しますね。


スポンサーリンク



3つの肺炎の症状


では、気になる肺炎の症状を、
それぞれみていきましょう。

細菌性肺炎


肺炎の中でも、症状が一番重いのが、
細菌性肺炎です。


細菌性肺炎の症状の特徴は、
いきなり40度前後の高熱や激しい咳が続きます。

悪寒や呼吸困難、食欲不振など、
重い病気の症状が出ます。


乳幼児の場合は、数日、軽い風邪の症状が続きた後に、
急激に高熱が起こります。

園児以上の子供の場合は、いきなり高熱が出て、
肺炎になるのが一般的です。

子供が風邪で寝込む
以前なら、細菌性肺炎にかかると、
入院することがほとんどでした。

しかし、最近では、入院しないで、
通院治療で治ることも多くなってます。

それだけ、有効な抗生物質が、
出来たと言うことですね。

ウイルス性肺炎


現在の子供の肺炎の半分以上を、占めているのが、
ウイルス性肺炎です。


原因になるウイルスで、多いのが、
RSウイルスですが、

他にも、インフルエンザウイルス、エンテロウイルス、
パラインフルエンザウイルス
などが有名です。


症状は、細菌性肺炎よりは軽くて、
発熱、咳、鼻水など風邪に近い症状で、
短期間で治るのが一般的です。


ウイルスの種類によって、重い症状が出ることがありますが、
ごく稀で、ほとんどの場合は、自然に回復していき、
後遺症も残りません。


スポンサーリンク



マイコプラズマ肺炎


ウイルス性肺炎に続き多いのが、
マイコプラズマ肺炎です。


管理人は、『マイコプラズマ肺炎』の名前を、
始めて聞いた時は、恐ろしい病気を想像しました。

しかし、強そうな名前とは違い、肺炎の中でも、
症状が軽症な場合がほとんどです。


5~9歳ぐらいが多くかかり、
症状としては、発熱と咳が主体ですね。


熱が出ても、高熱になることは少なく、
38度以下が多いです。


反対に、咳は長引くことが多くて、最初は軽いですが、
だんだんと、酷くなっていきます。

024769
マイコプラズマ肺炎は、咳が夜中から朝方にかけて
ひどくなるのが、特徴ですね。


マイコプラズマ肺炎は、マクロライド系の抗生物質に、
非常に弱くて、使うと、すぐに回復に向かうことが多いです。

しかし、咳だけが、残る場合があるようです。


うちの子供は、熱が38度ぐらいだったのですが、
咳がひどくて、診察してもらうとマイコプラズマ肺炎でした。

薬を処方してもらって、熱はすぐに下がりましたが、
咳だけが、治らないで長引きました。


体は元気だけど、6週間咳が続く子供もいるようです。

最近では、熱が全く出ないで、症状が、
咳だけの子供も増えています。

咳が長引くなら、異常のサインかも知れません。

病院で診断しましょう。


まとめ


昔に比べて怖くなくなった病気の肺炎ですが、
やはり、早期発見・早期治療が基本です。

また、免疫力を高めて、病気になりにくくすることも大切です。

詳しくはこちら→免疫力を高める方法!病気にならない人はココが違う!


肺炎は、胸のレントゲンを見れば、
はっきりと分かる病気です。


しかし、病院に行ってから風邪が進行して、
肺炎になる場合もあります。


ただの風邪の場合は、3日目くらいから、
回復してきます。


なので、4日経っても咳や熱がひどくなる場合は、
迷わずに再度病院で診察してください。


病院の検査で、肺炎だと確認できると、
後は、適切な処置をしてもらえば、
回復に向かいます。


昔と違って、適切な抗生物質があるので、
怖がる必要はありませんね!


早く治るといいですね^^

お大事にしてください。