父の日の由来!なぜ日本ではバラをおくる?

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

父の日の由来!なぜ日本ではバラをおくる?


母の日ほどメジャーではない父の日ですが、
今この記事を読んでくれているという事は、
父の日に何か贈ろうかと考えている人ですね^^

あなたのお父さんに変わって、お礼を言います。


『どうも、ありがとう!』


父親のひとりとしては、子供から、
父の日を祝って貰えると、
こんな嬉しい事はありません。


スポンサーリンク



間違っても、『父の日は、いつ?』なんて、
言わないでくださいね。
(ちなみに、6月の第3日曜日です^^)

誕生日以外に、父親が祝ってもらえて、
感謝までされる日なんて、まさに天国ですね!


しかし、お祝いする子供の立場からすると、
なぜ、父の日をするのかイマイチ分からないですよね?

そこで、父の日の由来を知って、父親にバラを贈って、
感謝の気持ちを伝えよう!


と、半分以上は希望と言うか願望が入ってますが、
子供にこそ知ってもらいたい父の日の由来からご紹介します!


スポンサーリンク



父の日の由来とは?


父の日はどこで始まったのでしょうか?


じつは、父の日の歴史は母の日と比べると、
とても浅くて、1900年代になってからです。

ちなみに、母の日は古くは古代ギリシャ時代から、
行われていたと言いますから、かなりの差がありますね・・・。


母の日の由来には諸説ありますが、
父の日の由来はひとつで、起源がはっきりしています。

父の日は、1909年のアメリカワシントン州に住む、
ソノラ・スマート・ドットさんから始まりました。

1908年にアメリカで母の日が認知されて広がり始めます。

それをうけて、ドッドさんが、
『母の日があるのなら、父親に感謝する父の日もあるべき』と、
教会の牧師協会に懇願します。


なぜ、彼女がこれほどまでに、父の日にこだわるかと言うと、
ドットさんの父親の生き方に理由があります。

ドットさんは、6人兄弟でした。

当時は南北戦争の時代だったので、
ドットさんの父親は軍人として、戦争に参加してました。

戦争が終わって、帰るとすぐに、
一人で家族を支えていた母親が亡くなります。


それからは、父親が男手ひとつで、6人の子供を成人するまで、
立派に育てました。

南北戦争が終わってすぐのアメリカで、
子供を6人も育てながら、お金を稼ぐというのは、
簡単なことではなかったと想像できます。

実際には、生活は苦しく、かなりの苦労をしたようで、
父親も子供達が成人後すぐに亡くなっています。


ドットさんは子供の為に、再婚もしないで、
一人で育ててくれた父親をすごく尊敬して、
感謝
していました。

そこに、母の日が広がるのをみて、
父の日を作るようにお願いしたのです。

父親を思う温かい気持ちがアメリカ全土に広がって、
1916年にウッドロー・ウィルソン大統領が、
父の日の演説を行ったことで、認知されるようになります。

その後1972年にはアメリカの正式な国の記念日になりました。


亡くなった父親に育ててもらった感謝と尊敬の想い
伝えたいという、一人の女性の気持ちが、
今では日本でも、行われる記念日になってます。

このことから、父の日には父親に感謝して、
気持ちを伝えるようになりました。


ちなみに、母の日にはカーネーションを贈りますが、
父の日には日本では、黄色いバラを贈りますよね。

一体、父の日とバラの花とどういう関係があるのでしょう?

知らずに贈ると、父親が悲しむことも・・・。


悲しませないためにも、一緒にみていきましょう!


スポンサーリンク



父の日にバラとは?


もともと、父の日にドットさんが父親の墓前に白いバラを、
供えたのが、父の日の花の由来になっています。

しかし、日本では父の日の前に花屋さんに並ぶので、
一番多いのが黄色いバラです。


では、なぜ日本では黄色いバラになったのでしょうか?


黄色はイギリスでは身を守る色だと言われていました。

その黄色がアメリカに渡って、
戦場に向かう大切な人が無事に返ってくるようにと、
黄色いリボンを玄関や庭の木に結ぶようになりました。

黄色いリボンが愛する人に贈る事から、
日本では、父の日のバラが黄色になったと言われています。


確かに、黄色には、
『うれしい』『楽しさ』『希望』『向上心』
などの素晴らしい意味が込められています。


しかし、ここで気を付けて欲しいことが!?

父の日のシンボルとして、
黄色いバラを贈るのは良いのですが、
花言葉に詳しい父親には注意が必要ですよ。

NS525_kiiroibaa500

黄色いバラの花言葉は、
『嫉妬』『薄れゆく愛』『友情』など、
あまり父の日にもらいたくないような意味が・・・。

ちなみに、白いバラは亡くなった父親に贈ると、
言われているので、健康な父親には贈らないほうが、
無難ですね。


まぁ、子供から感謝の気持ちを込めて貰えたら、
黄色だろうが、白色だろうが、喜んでくれるとは、
おもいますが^^


気になる人には、同じ黄色ならひまわりが、
おすすめです。

花言葉は、
  • あなたは素晴らしい

  • あこがれ



  • これなら、喜ばない父親はいませんね^^

    もしくは、『子の愛』という花言葉をもつユリも、
    捨てがたいですね。


    まとめ


    もう一度言います。

    『6月の第3日曜日が父の日ですよ~!』


    本当の本音を言えば、
    父の日には、『いつも、ありがとう!』の、
    一言だけで、涙がでるほど嬉しいです^^


    日頃、素直に父親と接してない人は、
    父の日に是非、この一言を贈ってくださいね


     

    スポンサードリンク

    あわせて読みたい関連記事

    コメントフォーム

    名前

     

    メールアドレス

     

    URL

     

     

    コメント

    トラックバックURL: 
    スポンサードリンク
    週間人気記事ランキング
    カスタム検索
    コメントいただきました! ありがとうございます!
    最近の投稿
    カテゴリー
    当サイトについて