地震 防災グッズ!最低限のものだけで安全な保管法とは?

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

地震 防災グッズ!最低限のものだけで安全な保管法とは?


地震が起きたときに、家族を守る為に必要なのが、
防災グッズです!


以前なら、3日分の用意があれば、
救援物資が届くので、なんとかなると言われてました。


しかし、東日本大震災以降、巨大地震の場合は、
3日分では足りなくて、最低でも1週間以上の備蓄や用意が、
必要だと言われています。


そして、防災グッズのに内容についても、
セットの仕方など、変わりつつあります。


そこで今回は、地震時の防災グッズについて、
最低限必要なもので、最大限に安全を確保する方法を、

徹底的に、調べ尽くしました!


それでは、家族を守る為に、まずは、
防災グッズの分け方から、一緒にみていきましょう!


スポンサーリンク



防災グッズの分け方とは?


いきなりですが、あなたは防災グッズをどのように、
保管・備蓄していますか?




じつは、防災グッズの保管方法次第で、
地震の時に、安全面で大きく差がつく可能性があります。



その大切な保管方法とは、
防災グッズを2つに分ける事です!



『えっ!2つに分けるって、どう言うこと(;゚Д゚)!』


当然、そう思いますよね。


スポンサーリンク



管理人も、同じ様に思いました(^_^;)


用意した防災グッズは、何も考えずに、
邪魔にならない場所にかためて、保管してました。



しかし、それよりも安全性が高くて合理的な方法が、
2つに分けて保管する方法なんです。



では、その方法を説明しますね!


まずは、1次持ち出し用と、2次持ち出し用に、
防災グッズを、2つに分けます。


finger-icon07-001 分け方の基準!

  • 1次持ち出し・・・取り敢えず、その場から逃げる為

  • 2次持ち出し・・・安全を確保してから、避難生活をおくる為



もう少し、詳しく説明しますね。



まず、1次持ち出しは、地震がおきたら危険な場所から逃げて、
取り敢えず、安全を確保するまでに、使う防災グッズです。



そして、2次持ち出しとは、避難してから、安全を確認して、
救援物資などが届くまで、自宅や避難場所での生活を確保する為に、
必要な防災グッズのことを言います。



それぞれで、用意するものが、違いますので、
まずは、1次持ち出し用から見ていきましょう!


スポンサーリンク



最初に必要な防災グッズとは?


地震がおきたら、まずは、安全の確保が最優先になります。



当然、重たい荷物を持って、逃げるわけにもいかないので、
必要最低限の防災グッズだけを、持って逃げることになります。



そこで、1次持ち出し防災グッズのリストとしては、

  • ・・・1人1~2ℓは確保したいところ

  • 1日分の食料・・・手間がかからなくて、簡単にたべれるもの

  • 懐中電灯・・・念の為に、予備の電池は忘れずに

  • 携帯ラジオ・・・懐中電灯とセットで、回すと発電するタイプがおすすめ

  • 簡単な救急用品・・・持病がある人は、持病薬は必須

  • ライター・・・マッチよりは、ライターが使い勝手がよい

  • 軍手・・・瓦礫や割れた窓などの撤去にも役に立つ

  • 筆記用具・・・布粘着テープと油性マジックがあれば、メモ・メッセージに使える

  • ボリ袋・・・防寒やカッパ代わりに、簡易トイレとしても利用可

  • 携帯トイレ・・・あれば、かなり重宝する

  • タオル・・・いろいろと使えるので必須

  • トイレットペーパー・・・いろいろな使い道があるので必須

  • 衛生用品・・・女性なら生理用品をお忘れなく

  • お金・・・小銭があると公衆電話で活躍する

  • 身分証明・・・いぜという時には、これが役に立つ


これは、最低限必要なものリストなので、
人によっては、レジャーシートや、毛布、ロープなども、
用意すると良いですね。


1次持ち出し防災グッズを入れるものは、
避難が目的なので、身軽に動けるリックなど、
両手が空いて、動きやすいものがおすすです。


他にも情報収集が、かなり大切になるので、
スマホや携帯は、手放せないですが、
そこで、問題になるのが充電です。


被害が大きく電気が止まった場合でも、
スマホの充電は、確保したいところです。


そこで、おすすめなのがこちら↓


太陽の光で充電できるので、
電気が止まっても、安心です。


スマホは、情報収集だけでなく、
連絡を取り合うのにも、必要でから、
充電の確保だけは忘れずにしましょう。



と、取り敢えず安全を確保したところで、
次は、救援物資などが、とどくまでの避難生活です。


そこで、役に立つのが、
2次持ち出し用防災グッズになります。


それでは、引き続き見ていきましょう!

スポンサーリンク


避難生活を守る為の防災グッズとは?


2次持ち出し防災グッズの目的は、
避難場所なり、自宅なり安全で過ごせる場所を、
確保できたら、救援物資が届くまで過ごす為にあります。

最低限必要なものをリスト化すると、

  • お水・・・1日1人1~2ℓ×7日間分

  • 非常食・・・1週間分の食料

  • 貴重品・・・現金・通帳・クレジットカードなど

  • ・・・下着や防寒具

  • 調理器具・・・カセットコンロ・ガスボンベの予備を多めに

  • 食器類・・・使い捨て用のお皿やコップ

  • 布団や毛布・・・災害用の毛布や、寝袋もおすすめ


1次持ち出し用と違って、慌てて持ち運びする必要はないので、
スーツケースや、キャリーバッグなどに入れて、
保管すると、移動もしやすく良いでしょう!


その他にも、食品用ラップなどは、
怪我ややけどをした時にも、使えますし、
食器にまいて食べると、水を使わずに済むので、
災害時には重宝します。



後は、赤ちゃんがいる家庭では、
赤ちゃんのオムツや衛生用品を。


また、避難所での生活には、
耳栓や安眠マスクなどあると、役に立つでしょう。



まとめ


今回は、最低限必要な防災グッズだけを、
ご紹介しましたが、いかがでしたか。



そして、それぞれの保管場所は、

  • 1次持ち出し防災グッズ・・・枕元・玄関など持ち出しやすい場所

  • 2次持ち出し防災グッズ・・・押入れ・ガレージなど潰れにくい頑丈な場所


こうして、2つを分けて保管することで、
地震の時に、防災グッズを失うリスクが分散されます。


同じ備蓄するにしても、
最低限のグッズで、最大限の安全を確保したいですね。


とは言え、地震が起きないのが一番ですが・・・。



万が一の時に、家族を守れるよう、
防災グッズは、ちっきりと備えておきましょう!


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて