たたき台とは?意外に知らない意味はこれ!

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

たたき台とは?意外に知らない意味はこれ!


『明日までに、この企画のたたき台を作って来て!』

なんて、言われて困っていないですか?


聞いたことはあるけど、正確な意味がわからない言葉って、
意外に多いですよね^^


特に、社会人になると、ビジネス用語や業界用語など、
今まで使った事がない言葉も、どんどん出てきます!


そんな言葉の中でも、
よく出てくるのが『たたき台』ですね!


上司や先輩は、普段から使っているので、
あまり意識してませんが、初めて聞いたあなたが、
戸惑うのも無理はありません。



そこで今回は、同じように苦労して覚えた管理人が、
たたき台の意味や語源、使い方などを分かりやすくご紹介します!


この記事を読み終わる頃には、
ビジネスマンとしてのスキルが、格段に上がりますよ~!!
(って、おおげさですね( ;; ̄3 ̄) )



スポンサーリンク



たたき台の意味とは?


私も、サラリーマン時代に、
よく言われましたよ。


『会議までたたき台だけで、良いから用意しておいて!』


初めて聞いた時は分からな過ぎて、

『どんな台ですか?』と、

思わず聞き返したほどでした(笑)



当然、周りの先輩方は大爆笑!!


PAK86_kusaikonohito20131223500

まぁ、恥ずかしい思いをしましたが、驚いたのは、
その後に会社の誰もが、たたき台について、
明確に答えれなかった事でした(;゚Д゚)!


そうなんです、みんな知っている気で使ってますが、
正しい意味は、意外に知らないんですよね。


その時、先輩たちと一緒に調べたおかげで、
こうして記事に出来て、あなたのお役に立てるので、
よかったと言えば、よかったですが・・・(^_^;)



と、前置きが長くなりましたが、


finger-icon07-001 たたき台とは、

『あることを決める時に、とりあえず作る素案・試案!』


簡単に説明すると、

最初からガッツリ決めた計画ではなく、
ざっくりと、こんな感じの事をしましょう!的な、
企画や案の事を言います。



しかし、なぜ、たたき台って言うのでしょうか?


実は、語源を知った方が、
『たたき台』の意味も、更に詳しく理解できるので、
引き続き、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク



たたき台の語源とは?


たたき台の語源は、鍛冶屋さんです!


突然、言ってしまいましたが、
たたき台は、鍛冶屋用語だと言われてます。


熱く真っ赤になった金属を、台の上にのせて、
大きな金槌のようなもので、カンカン叩いて、
目的の形にしていくのを、テレビなどで見たことないでしょうか?


あの時の、形が出来ていない金属をのせる台を、
叩き台と言います。


その大まかな形の金属を、熱したり叩いたりしながら、
形を作っていき、目的の形に完成させます!


その様子から、たたき台という言葉が、
ビジネスや普段にも、使われるようになりました。


詳しくたたき台の意味を説明すると、

状況にあわせて、修正や変更を繰り返して、
細かいところにも手を加えて、作り上げる為の、
最初のアイデアや、原案の事



なので、
たたき台を作って来てと頼まれたら、

『こんな目的で、これくらいの結果が見込まれます』
程度の案で十分です。


N112_sukejyu-ruhakonakanji500

では、実際にはどんな使い方をすれば、
良いのでしょうか?

スポンサーリンク


たたき台の使い方とは?


使い方の前に、たたき台の類義語を見てみると、

  • 基本的枠組み
  • 素案
  • アウトライン
  • 下書き
  • あらまし
  • 大筋
  • 概要
  • テンプレート

などです。


よく見ると、普段よく使う言葉もあります。


なので、あまり難しく考えずに、

『たたき台として提出します!』

『たたき台となる案を考えたので、
みんなで考えましょう!』


のように、使うといいですよ!



まとめ


これから、多くのビジネス用語を覚えることになると思いますが、
まずは、たたき台の意味から覚えてくださいね^^


普段、何となく使っている言葉でも、
ちゃんと調べると、意外に面白いものです!


これで、先輩や上司にたたき台と言われても、
即答で返事ができますね!


確実に、ビジネススキルが上がりましたよ^^


社会人頑張ってくださいね!


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントは2件です

  1. 原 俊行 より:

    語源から考えて、「叩き台」は変化するものではないので、原案・素案を指す言葉としては「叩き台」の上に置く「形ができていない金属」ではないのでしょうか?

    • とっちぃ より:

      原 俊行さま

      コメントありがとうございます。

      確かに、原さまのおっしゃる通り、本来は「形ができていない金属」を指したと思われます。

      しかし、現在ではどちらかというと、ご紹介した形で使われているのが多いのと、
      私的にはしっくり来たので、叩き台の方で説明しました。

      貴重なご意見ありがとうございました。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて