エアコン掃除知らないと危険!?市販の洗浄スプレー使ってませんか?

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

エアコン掃除知らないと危険!?市販の洗浄スプレー使ってませんか?


エアコンを自分で掃除する時に、
市販のエアコンクリーナーを使っても問題ないのでしょうか。


エアコンの掃除をしようとネットで調べると、
エアコン洗浄剤スプレーを使うと問題が多いとか、
プロはおすすめしないと言う記事が沢山出てきます。



そこで本当にエアコン洗浄スプレーや
エアコンクリーナーは危険なのか調べてみました。



スポンサーリンク



エアコンクリーナーが危険な理由


自分でエアコン洗浄剤スプレーでエアコンを掃除するのに、
単純にきっちりと通電している電気機械の部分を守らずに、
スプレーをかけてしまいエアコンが、動かなくなってしまうケースがあります。


そして問題なのは、市販されているエアコンクリーナーは、
フィンの汚れを落とす事は出来ますが、
ファンの汚れは落ちません。



エアコンのフィンとは、フィルターを外した時に見える
ギザギザのアルミの部分でここで熱交換をして冷やしたりします。

この部分が綺麗になると効率は良くなるので電気代が安くなったり、
エアコンの効きが良くなります。


エアコンのファンとは、エアコン中心部で回って、
風をおくる送風器の役割をしているのもで、
ここを綺麗にすると悪臭などがしなくなります。


つまり、市販のエアコンクリーナーでは、
臭いまでは取れないのです。



エアコン洗浄スプレーでいい香りがする成分が入っているものが、
多いのは、臭いを取る事ができないので、
香りで臭いをごまかしているだけです。


フィンをエアコンクリーナーで洗浄して、
落ちたホコリや汚れがエアコンの内部に残ったままになり、
ドレーンを詰まらして水漏れの原因になります。

その上、エアコン洗浄剤の成分が綺麗に取れずにこびり付いて残ったり、
フィンや機械内部の樹脂に、悪い影響を与えることで、
その部分にホコリや細菌が付着しやすくなり、故障や悪臭の原因になります。


信用できるメーカーのものや、怪しい成分が入っていない
エアコンクリーナーなら使っても良いかも知れませんが、
市販されているエアコンクリーナーは使わない方が安全だと思います。


それでも業者にエアコンクリーニングを頼むのは高いので、
できるだけ自分でしたいという人は、
変な成分が入ってなくて、電解アルカリ水100%の
エアコンクリーナーなら安心して使えると思います。



自分でエアコンを分解して徹底的に掃除をする人は良いですが、
表面だけを掃除するだけなら2年に1度くらいは、
プロにお願いした方が良いと思いますよ。



エアコンを分解して本当にピカピカにしてくれます。


ちなみに、プロのエアコン掃除の様子です。
エアコンの中身ってこんなに汚れていたのかと驚きますよ。



さすがはプロですね。

素人ではここまで出来ません。

したら壊れますね^^


毎シーズンは無理でも、一年に一度くらいは、
プロに頼むのも良いかもしれません。


臭が気になったらエアコンクリーニングをしてくださいね!


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて