マダニの被害が広がってます。

ダニと言えば、ペットの犬や猫に良くついていたのと、
アレルギーの原因になる家の中の布団や畳やカーペットにいてる
小さい生き物を想像します。


家の中にいてるダニは家ダニと言われるもので、
マダニは家ダニとは全く違う生き物です


マダニに刺されると『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』
という感染症にかかる場合があり、
2013年の9月までに西日本を中心に、
40人が感染して、17人も死亡しています。

死亡する可能性もある恐ろしいマダニに、
刺されるとどんな症状がでるのでしょうか。


マダニに刺された症状は?


マダニに刺されたからといって、
全員が重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に感染するわけではありません。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)のウィルスを持っている
マダニに刺された場合に感染します。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の症状
高熱、食欲低下、嘔吐、下痢、頭痛、筋肉痛に加えて、
けいれんや意識障害、血尿や血便が出ることもあります。
また、血小板や白血球の減少などがあります。

致死率は12%と言われてますが、
ワクチンや特効薬が無いので、
それぞれの症状に対しての対処療法の治療になります。


マダニに刺された時の対処法


マダニは森や草むらなどに生息しています。
登山やアウトドアを楽しんでいる時に、
森や草むらなどで遊んでいる内に刺されたりします。

マダニは最初は非常に小さいので、
一見するとカサブタが付いてるぐらいにしか思わなくて、
痛みも痒みもないのでマダニに噛まれいる自体を、
気付かない人が多いのが特徴です


マダニは、数日かけて血を吸っていきます。

数日間血を吸い続けたマダニは、
体がパンパンに大きくなり
目で確認できて初めてマダニだと気付く人もいます。

吸血


パンパンになっているマダニは見た目にも気持ち悪いので
すぐに引き剥がそうとしてしまいますが、
絶対に手で引っこ抜かないでください。


無理に引き抜くと、皮膚の奥まで刺さっているマダニの頭部や牙が、
体内に残ってしまうこともあり感染症の原因になります。

また、吸血中のマダニを強く掴むと、
マダニの体液が逆流することがあり、
感染症にかかる可能性が増えます。


マダニに刺されている事を確認したら、
直ちに皮膚科の病院に行って取ってもらいましょう


登山やキャンプに行く時は、
マダニ予防をお忘れなく。