お盆の仏壇にお供えの仕方!きゅうりを飾る理由とは?

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

お盆の仏壇にお供えの仕方!きゅうりを飾る理由とは?


お盆の仏壇に、お供えを飾りますよね!


実は、お供えの仕方に決まり事が、
ある事をご存知ですか?


管理人は、恥ずかしながら知らなかったので、
間違えた飾り方をして、親戚に怒られました(;´д`)


あなたに、私と同じ失敗をして欲しくはないので、
泣きながら覚えた、

  • いつから、いつまで飾るのか

  • お供え物の意味

  • お供えの仕方

などなどを、ご紹介します!


地域や宗派によって、違いがありますので、
今回は、基本的な事だけをまとめました。


まずは、お供えを飾る時期から、
一緒に、見ていきましょう!


スポンサーリンク



お供えはいつからいつまで?


お盆は、8月13日~16日までの4日間です。


8月13日の午前中に、ご先祖様を、
お墓まで迎えに行きます。

そして、8月16日の午後に、
家族で、お墓まで送っていきます。


なので、正確には、
8月13日の朝から16日の夜まで
お供えすると良いですね。


お盆は、ご先祖様に感謝と供養をする時なので、
家に、滞在している間は、お供えを欠かさないで、
ゆっくりと、くつろいで貰いましょう^^


ただし、お盆の期間は、地域によって違いがあり、
関東では、7月13日から16日のところもあります。


他にも、13日~15日の3日間だけの地域もあるので、
分からない時は、両親や親戚に、確認をしてください!


お盆が、いつからいつまでが分かったところで、
次に、何をお供えすると良いのか、
その意味も、合わせてご紹介します。


引き続き見ていきましょう!


スポンサーリンク



お盆の仏壇にお供えするのはコレ!


お盆の仏壇には、色々なお供え物が、
並びますが、その中でも、代表的な物を、
ご紹介します。


まずは、基本となるのが五供です。


finger-icon07-001 五供とは?


五供とは、お盆の御供の基本になる物で、
ご先祖様が帰って来た時に、おもてなしの意味があります。


香・明かり・花・水・食べ物の、
5種類をお供えする事を、五供と言います。


それぞれに意味があって、

  • 香・・・線香の香りで、心身共に浄化します。

  • 明かり・・・ご先祖様の場所を明るくします。

  • 花・・・仏様にも、ご先祖様にも喜んもらえます。

  • 水・・・心が洗われる意味があります。

  • 食べ物・・・私たちが普段食べている食事を出します。
          同じものを食べる事で、ご先祖さまとのつながりを確認します。


ちなみに、線香の煙は、香食(こうじき)と言って、
ご先祖様にとっては、ご馳走だとされています。


また、お盆に、線香とロウソクを、
お供えする習慣がある地域もあるようです。



普段は、お菓子をお供えするのですが、
この事を聞いて、線香とロウソクをお供えしたら、
実家の母親が喜んでくれましたよ^^

その時に選んだのがこちら↓


お盆の時期くらいは、高級なお線香で、
ご先祖様に、おもてなしも良いですよ!



五供の他にも、外せないお供えものが、
いくつかあるので、順番にご紹介します。



reten01-009 きゅうりとなす

お盆のお供えの飾りで、もっとも有名なのが、
きゅうりとなすです。


割り箸をさしたきゅうりやなすは、
きゅうりは馬を、なすは牛を意味してます。


046306


これは、精霊馬(しょうりょううま)と言って、
お盆の時期に、ご先祖様の移動に使います。


ちなみに、一刻も早く帰って来れるように、足の早い馬を、
少しでも、ゆっくり戻って欲しいので、足の遅い牛を、
お供えします。


管理人は、この意味が好きで、
仏壇のきゅうりとナスをみると、
思わず、微笑んでしまいます( ´▽`)



reten01-009 ほうずき 

ほうずきは、迎え火や提灯の意味があります。

また、農作物があまりとれなかった時代に、
御供物が不足していたので、綺麗なほうずきで、
不足を補ったと言われています。



reten01-009 果物

丸い果物が良いとされていて、その中でも、
スイカが一番喜ばれます。


まぁ、確かにスイカ以上に丸くて大きい果物は、
あまりありませんね^^


ほかにも、メロンや桃など、特に決まりはないので、
故人の好きだった果物をお供えしましょう。


スイカなど、丸い果物は切らずに、
そのままお供えしてください。



reten01-009 団子

お団子は、ご先祖様が帰る時のお土産の意味があります。

団子の種類も、決まりはありませんので、
喜んでもらえそうな物をお供えします。



お供えするものが、分かりましたが、
どうやってお供えをすればいいのでしょう?

つぎに、お供えの仕方をご紹介します。



正しいお供えの仕方とは?


お供えは、ご先祖様に喜んもらう為にします。


なので、実際に人に出すようにして、
お供えしてください。


例えば、
お菓子は、箱や袋に入ったままだと、
食べれませんよね。


箱から出して、お皿にのせて、
すぐに食べれるようにしてから、お供えします。


りんごやブドウなど果物も、
綺麗に洗って、皮をむいてから、お供えしましょう!

4c752f0913e1594590d5beb813afb8cf_s


ちなみに、日持ちがするお菓子などは、
そのまま、お供えしてて良いです。


しかし、痛みやすい果物などは、
一時間くらいお供えした後、すぐに下げて、
お下がりとしていただきます( ´▽`)


お下がりを食べた人の中には、
味が不味くなったと感じる人がいるようです。


これは、ご先祖様が、お供え物の気を食べたからで、
気が無くなった分、味が落ちると言われています。


もしも、お下がりを食べて、味の違いを感じたら、
ご先祖様が、喜んで食べてくれた証拠ですね^^



まとめ


お盆のお供えの意味を考えながら、
飾りをしていくと、いつもと違う感覚で、
ご先祖様をお迎えできるますね!


一年に一度のお盆なので、
心からのおもてなしで、
ご先祖様に喜んでもらいましょう!


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントは2件です

  1. 香西隆子 より:

    大変よくわかりました。
    あと、周り灯篭は飾るのでしょうか。。。。

    • とっちぃ より:

      香西隆子さま

      コメントありがとうございます。お役に立てたようで、良かったです。

      回り灯篭については、地域や宗派によっても違いますので、
      一概には言えません。

      宗派によっては、回り灯篭を飾らないところもあるので、
      香西さんの宗派はどうなのかを確認してからの方が良いと思います。

      コメントありがとうございました。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて