iTunesのライブりに登録している曲の中から、
好きな曲だけを集めた自分だけのオリジナル音楽CDを、
簡単に作成できることを知ってますか?


簡単

パソコンで聞いている音楽のファイルは、
MP3やM4A形式のファイルが多くて、
そのままCDに焼いてもCDプレーヤーなどでは聞けません。

CDプレーヤーなどで聞く場合は、
一旦音楽ファイルをMAV形式に変換する必要があります。


これだけを見ているととても複雑そうですが、
iTunesなら簡単に形式を変換してくれて、
CDプレーヤーで聞くことができるCDを焼くことができます。



パソコン初心者でも簡単にできるiTunesからCDに焼く方法を紹介します。


スポンサーリンク



iTunesからCDに焼く前の準備


iTunesからCDに焼く前に準備するのが、
CD-R、CD-RW、のいわゆる空のCDです。


どちらでも構いませんが、
CD-Rの方が、どのCDプレーヤーでも読み込みやすいので、
CD-Rを使用した方が良いと思います。


データ用と音楽用がありますが、
どちらでも使えますので、安い方で良いですよ。


ただし、使っているパソコンによっては、
CD-Rに書き込みができないタイプもあります。

確認してできないタイプなら外付けのタイプを用意してください。
新品でもこのくらいの値段ですね。
もしも買うのならDVDも対応している方が今後使えると思います。



これで、オリジナルCDを作成する為の準備は完了です。


CDに焼きたいプレイリストを作成する


CDに焼きたい曲を集めたプレイリストを作成します。

iTunesの画面左下にある[プレイしスト作成ボタン]をクリックして、
新規のプレイリストを作成します。


追加

新規のプレイリストの名前は、特にどんな名前でも良いので、
[オリジナルCD][CD用プレイリスト]などの分かりやすい名前を付けてください。


焼くCD-Rをパソコンに挿入します。
CD-Rは700MBで約80分、650MBで約74分の音楽を焼くことができます。


好きな曲を集めたプレイリスト(今回はCD用プレイリストにしてます)を、
右クリックして、[プレイリストからディスクを作成]を選択してください。

cd用

[ディスク作成設定]場面が出てきますので、
ディスクフォーマットの[オーディオCD][サウンドチェックを使う]に、
チェックを入れて[ディスク作成]をクリックしてください。


ディスク作成設定

[サウンドチェックを使う]を選択することで、
音量を揃える事ができます。


推奨速度は[最大]で構いませんが、
もしも音飛びがひどい場合は、2~4倍速に変えてください。



これで自分だけのオリジナルCDをCDに焼く事ができました

実際やってみると意外に簡単にできますね。