年末が近付いてきて、年賀状の準備をしようと思った時に、
いつも悩むのが、宛名の書き方です。


学生の時は、ほとんど、出すことが無かった年賀状ですが、
年を重ねる度に、出さないといけない所が増えますね。


例えば、就職すると会社の上司や同僚や取引先など、
日頃お世話になっている人に、出すようになります。

結婚したら、今まで出してなかったですが、
お互いの親戚に出さないといけません。


そこで宛名の書き方が分からないくて困った事が、
ありませんか?


せっかく出すので、センス良い文章や絵
年賀状を作たいですね。


しかし、いくらセンスの良い年賀状を作っても、
宛名の書き方が、間違っていれば、全て台無しです( ; ; )


間違った宛名の書き方をして、年賀状を出してしまうと、
失礼にあたる場合もあります。

失敗しない年賀状の宛名の書き方をまとめたので、一緒に見ていきましょう!


宛名の書き方の基本

年賀状を送るのに必ず必要なのが宛名です。

目上の人やお世話になっている人への、
感謝の気持ちを伝えるのと新年の挨拶
はがきで行うのが、年賀状です。

しかし裏面の文章や絵が完璧でも、宛名の書き方を、
間違えると台無しです。


年賀状の宛名の書き方の基本は、
  • 宛名を赤色で書かない。

  • 修正テープ・修正ペンを使わない。

  • 二重線を引いて書き直せない。

  • 名前などは省略した文字ではなく正しい漢字を使う。



宛名を赤色で書く人は少ないとおもいますが、
失礼に当たるのでやめましょう。

書き間違えても修正はしないで、
新しいハガキを使いましょう。


書き間違えたハガキは郵便局で5円の手数料を払えば、
新しいハガキと交換してくれます。


最近では、横書きで宛名を書く人も多いですが、
横書きの時は少し注意が必要です。


目上の人や会社の上司や仕事関係の人に、
年賀状を出すときは宛名は縦書きの方が、
失礼がない書き方になります。


基本的には本文が縦書きなら宛名も縦書き
本文が横書きなら横書きになります。


ちなみに宛名の数字の書き方は、
縦書きなら一、二、三などの漢数字、
横書きなら1、2、3の英数字です。

スポンサーリンク


宛名の連名の書き方


宛名の連名の書き方は出す相手で変わってきます。

相手にあった宛名で年賀状を出しましょう。


家族や夫婦の連名の書き方


新婚さんが二人の親戚に年賀状を初めて出す時に、
迷うのが連名の書き方ですね。

私も結婚して初めて年賀状を書くときは、
親から貰ったリストをみると住所と世帯主の名前だけで、
奥さんや子供の名前は書かなくて良いの?

奥さんと二人であーでもない、こーでもないって、
悩んだ事を思い出します。

atena_renmei
(画像引用元:はがきと手紙の豆知識)

一般的には世帯主と奥さんの連名
書く事が多いですね。

届いた年賀状に自分の名前が無かったら、
奥さんもなんだか寂しいと思いますよ。


家族や夫婦に連名で書く時は、
世帯主を一番右に書きます。

それから妻、子供の順番に、
左に書いていきます。

苗字は省略して敬称は全員に付けましょう。

子供の名前を省略して、夫婦の名前だけで、
送ることが多いです。

しかし、何度か会った事がある子供がいる場合は、
子供の名前も書いた方が良いですね。

私の子供も年賀状に自分の名前があると、
喜んでいますよ。
ec4a7493e8820a501d46a9336d98b1e3_s

子供の名前も連名で書く時も敬称は必要ですが、
“様”が基本ですが、“くん”“ちゃん”でも、
問題はないでしょう。

人数が多い時は、○○家御一同様と、
省略することも可能です。


これは、親戚や友達だけでなく、会社の同僚などでも、
同じ連名の書き方で大丈夫です。


スポンサーリンク



会社向けの連名の書き方


取引先の会社などにお世話になっている担当の人が、
複数いる場合も悩むところだと思います。


仕事関係に年賀状を出すときは通常連名を使いません


年賀状は個人が保管することになるので、
複数の名前が書かれていると混乱します。
atena_kaisya
(画像引用元:はがきと手紙の豆知識)


例えば担当が2人いればそれぞれに出した方が、
良いでしょう。

もしくは、○○株式会社 △△部御中のように、
部署全体に出すようにしましょう。


相手が小さい会社の場合は、社長名に御一同様などは付けずに、
社長名だけで大丈夫です。


取引先に個人宛で出す時は、会社名、部署名、肩書き、
名前の順番
に書きます。

敬称は名前だけで、会社名や部署名には付けません。


間違っても、○○株式会社御中△△部御中□□部長様
などと書いて出さないようにしてくださいね。

正解は○○株式会社△△部 部長□□様ですよ。


最後に 


意外に宛名の書き方で知らないことが多いですね。


間違えた書き方をしたら親戚や会社の評価が下がり、
あなたの教養も疑われます。


せっかく年賀状を出すなら正しい宛名の書き方で、
相手もあなたも不愉快な思いをしないで、
お互いが気持ち良く新年を迎えましょう。