胃もたれの原因とは?超簡単な食事解消法はコチラ!

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

胃もたれの原因とは?超簡単な食事解消法はコチラ!


『最近、よく胃もたれするようになったなぁ』
って、感じたことありませんか?



レストランの食べ放題に行って、大食いファイター並に、
暴飲暴食しても、以前ならケロッとしていたのに、
最近、どうも胃がもたれます(-_-;)



御飯を食べてから、何時間も経っているのに、
胃の中に何か残っているような重たい感じが続きます。


ヘタをすると、次の日の朝も胃が重くて、
食欲がわかないことも・・・。


スポンサーリンク



そこで、


『胃もたれ原因は?そして解消できる方法はないのか?』

と、重たい胃を引きずりながら、調べまくりました^^


すると、胃もたれの原因とさまざま解消法が分かりましたが、
今回は、その中でも食事に特化してご紹介しますね!


胃もたれを解消したけど、薬には頼りたくないあなたには、
食事で、胃もたれを解消する方法がピッタリです!




胃もたれ原因を知ることで、正しい解消法がみえてくるので、
まずは、胃もたれの原因から、みていきましょう。


スポンサーリンク



なぜ胃もたれは起こる!?原因を徹底解説!


胃もたれとは、胃腸の働きが低下して、
食べたものが消化されずに、胃に残っている状態が、
原因で起こる症状の事です!


胃腸の働きが低下する主な原因は、

  • 食べ過ぎ・飲み過ぎ

  • 体質・加齢

  • ストレス

この3つが、ほとんどです。


個人的には、加齢が原因だと言われると、
なんだか切なくなりますが・・・。


年齢とともに、胃も胃酸を分泌する能力が低下するので、
若い時より胃もたれの頻度が増えるのは、仕方ないのでしょうか(^_^;)


そして、暴飲暴食すると、胃腸の消化速度が追いつかなくなり、
いつまでも胃に食事が残っている状態にΣ(゚д゚lll)


胃もたれの原因

ちなみに、食べ物によって、消化される時間は違いがあります。

なかでも、脂質は消化に一番時間がかかるので、
脂肪分が多い食べ物を食べた時には、胃もたれが起こりやすいですね。



なるほど、胃もたれの原因がわかったけど、
解消するには、一体どんな方法があるのでしょうか?


つぎに、胃もたれの解消方法をみてみましょう!


スポンサーリンク



食べ物で胃もたれは解消できるの?


胃もたれには、さまざま解消法がありますが、
最初にお伝えした通り、食事解消法を説明していきますね^^


胃もたれの解消には、
消化の良い食事と、消化を助ける食べ物を食べる事が効果的!



消化に良い食事・食べ物とは?


まずは、消化の良い食事・食べ物は、

  • おかゆ

  • うどん

  • 豆腐

  • 納豆

  • ヨーグルト

  • じゃがいもなどのイモ類

  • カボチャ

  • 大根

  • キャベツ

  • バナナ

  • りんご

などなど



確かに消化は良さそうですが、少しお肉も食べたい…
あなたのそんな気持ちもよく分かります^^

お肉なら、ヒレ肉やもも肉、レバーを、魚なら鯛、ヒラメ、タラなどの白身が、
比較的消化が良いので、胃もたれしにくくておすすめ!



そして、レシピを変えれば同じ食材でも更に、
消化がよくなり胃への負担が減ります。


胃もたれの解消レシピ

オススメのレシピは、煮る蒸すです!



食材を煮込んだり蒸したりすることで、
柔らかくなり、余計な脂質も落とすので、
消化されやすくなります。


また、温かい食べ物を食べる事で、胃への負担が随分と減りますね。

お肉を食べたい時は、
ロールキャベツやシチューにすると、
胃に優しく消化も良いのでおすすめです!


そして、消化の良い食事に加えて、
消化を助ける食べ物を食べる事で、
更に胃もたれの解消に役に立ちますよ。


スポンサーリンク



消化を助ける食べ物とは?


消化を助ける食べ物はこちら!

  • キャベツ

  • 大根

  • リンゴ

  • 山芋

  • みかん

  • パイナップル



パイナップルには、プロメリンという酵素があり、
タンパク質を分解して消化を助けます。


肉類を食べたあとには、特に有効!


ちなみに、酢豚に入っているパイナップルには、
味付けの他に、肉を柔らかくする効果があります。
(酢豚のパイナップルは苦手です(ーー;))



山芋や長芋などには、消化を助ける成分が多くて、
消化が良いうえに、胃の粘膜を強くする働きまであります。

また、他のネバネバの食べ物も、消化を助ける働きが強いです!


私の家庭では、胃腸が弱った時の特別レシピがあるので、
ここで、ご紹介しますね^^


【材料】

  • 山芋

  • オクラ

  • 御飯


【作り方】
  1. 塩でもみ洗いしたオクラを、軽く茹でます

  2. 1~2分でお湯から出して、適当な大きさに輪切りにします。

  3. 山芋の皮をむいて、すりおろします。

  4. すった山芋とオクラを混ぜて、あったかい御飯にのせます。

  5. 醤油か、めんつゆを、かければネバネバ丼の出来上がりです!


あさっりしていて、ツルッと食べれますので、
胃が弱っている時には、おすすめですよ(*^_^*)


そして、大根にも、ジアスターゼという成分があり、
タンパク質や脂質の消化を助けます。


ただし、ジアスターゼという成分は、
熱に弱いので、生のままで食べましょう。


じゃこおろしや大根のサラダが食べやすいですよ!


スポンサーリンク



ちなみに、天ぷらや焼き魚を食べる時に、
大根おろしがついてきますよね?


あれは、大根おろしと一緒に食べる事で、
天ぷらや焼き魚の脂質を分解を助けて、
胃への負担を減らす目的があります。


たぶん、昔のひとは、そんな成分の事を知らずに、
大根おろしと一緒に食べて胃もたれを、防いでいたんでしょうね(;゚Д゚)! 


昔のひとの知恵は凄いです!



知恵ですごいと言えば、トンカツなどの揚げ物に、
必ずついてくるキャベツですが、
その効果は、大根に負けず劣らずに凄いですよ!


胃もたれの解消レシピ

ちなみに胃薬で有名なキャべジンは、ビタミンUの別名ですが、
このビタミンUは、キャベツから発見された成分なのです。


そのビタミンUは胃腸の粘膜の再生を促して、消化を助けます。



そして、キャベツのすごい所は、
大根と違い加熱しても、その作用は変わりません


なので、生のままで食べるのがツラい人も、
温野菜や煮て食べても大丈夫ですよ!



まとめ


いきなり消化の良い食べ物だけを食べるのは、
難しいと思いますが、少しずつ増やしていく事で、
胃もたれが減らせます。



といっても、揚げ物やお肉は食べたくなりますね^^


そんな時には、キャベツの千切りを多めに食べたり、
ハンバーグやトンカツに大根おろしをのせて、
おろしバーグなどして食べると、胃もたれ感が違いますよ!



胃もたれが解消されて、快適な生活を送ってくださいね^^


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて