細菌とウイルスの違い!実はこんなに恐ろしい違いも?!

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

細菌とウイルスの違い!実はこんなに恐ろしい違いも?!


「細菌とウイルスって、違いがあるの?」


私は、呼び方や大きさが違うだけで、
基本的には、体を病気にする同じようなものと思っていました。


しかし、学校帰りの子どもに
「細菌とウイルスって何が違うの?」
と質問をされたのですが、答えられない…。

これは親としてキッチリ答えたいと思い、あわてて調べました(;´Д`)


調べて分かったのですが、じつは、細菌とウイルスは全く違うモノで、
そのあまりの違いに驚きました!


そこで今回は、細菌とウイルスの違いを、分かりやすくご紹介します!



ちなみに、なぜ、風邪に効く薬ができないのかも、
分かったので、併せて説明しますね。

では、さっそく細胞とウイルスの違いをみていきましょう!


スポンサーリンク



細胞とウイルスの違いとは?


細胞とウイルスの違いは色々ありますが、
分かりやすくする為に、代表的なものに絞ってご紹介しますね。


代表的な違いは、3つ!

  • 大きさ

  • 構造の特徴

  • 増殖方法

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク



大きさの違い


細菌とウイルスでは、大きさにかなりの違いがあり、
細菌の方が圧倒的に大きい


分かりやすく数字で表すと…
  • 細菌:1~5μm(マイクロメートル)

  • ウイルス20~300nm(ナノメートル)
になります。


ちなみに、μmは1mmの1000分の1の大きさで、
nmは、1mmの100万分の1の大きさです。


【1mm=1,000μm=1,000,000nm】になるのですが、
小さすぎて分かりませんね(^_^;)



分かりやすく例えると
  • 人間:地球
  • 細菌:ゾウ
  • ウイルス:ネズミ
くらいの大きさの違いになります。



ちなみに、細菌は顕微鏡で見れますが、
ウイルスは電子顕微鏡などの特別な顕微鏡でしか、
見れないくらいの小ささです。


ウイルスと細菌の違い

構造の特徴とは?


構造にも、それぞれ特徴的な違いがあります。

一言でいえば、
  • 細胞 = 生物

  • ウイルス = 非生物

どういう事かと言うと、細菌は、細胞を持っていて、単体でも条件が揃えば、
生きていけるので、分類上は「生物」になります。

一方、ウイルスの方は、細菌とは違い細胞を持っていないので、
単体では存在する事ができず、生物と分類できない「非生物」になるのです。



もう少し分かりやすく説明すると、
細菌は、まな板の上やトイレでも単体で生きていけます。

しかし、ウイルスは単体では、エネルギーを作れないので、
短時間で活動ができなくなり、死滅します。

ウイルスが存在するには、人間などの細胞に感染して、
エネルギーを得る必要があるのです!


ちなみに、ウイルスが付着した細胞を宿主細胞と呼びます。


スポンサーリンク



増殖方法の違いは?


増殖の方法も、それぞれに違いがあります。


細菌は、人間の体に入ると細胞に付着します。


付着した細菌は、細胞からガンガン栄養を奪うのです。

しかも、栄養を奪うだけでなく、奪った栄養の代わりに、
なんと毒を出して、付着した細胞をやっつけてますΣ(゚д゚lll)ガーン


恩をあだで返すとはこの事。

そして、栄養を吸収した細菌は、分裂を繰り返しながら増殖…。


増殖の速度は、細菌の種類にもよりますが、
一回の細胞分裂で、1つが2つになるだけなので、
大量に増殖するには、かなりの回数が必要になります。


しかし、自らが細胞分裂して増殖していくので、
温度や栄養などが増殖に適した環境ならば、
限界なく増え続ける恐ろしいモノです。


細菌とウイルスの違い

一方、ウイルスは、細胞がないので、単体では増殖できません


では、どのように増えていくかというと、
細胞に寄生したウイルスは、宿主細胞のエネルギーを使って、
どんどん自分のコピーを作って行きます。

しかも、そのコピーは、宿主細胞の中に増やしていき、
コピーでいっぱいになり宿主細胞が破裂すると、次の宿主に寄生(;´Д`)



分かりやすく言うと、

  1. ウイルスに寄生された細胞は、ウイルスの分身を作る工場になる

  2. 限界を超えて分身を作り続けて、とうとう治まりきれなくなり、工場が爆発

  3. 爆発と同時にウイルスが飛び散って、他の細胞を同じように分身を作る工場にする

  4. これを繰り返して、一気に増殖する



細菌と比べて増殖する速度は、圧倒的に早いですが、
ウイルスは単体では増殖ができないので、
宿主がなくなれば増殖が終わります。


こうして比べると細菌とウイルスは全然違いますが、
感染するとどうなるでしょうか?




細菌とウイルスの病気とは?


細菌とウイルスに、これだけの違いがあるので、
当然かかる病気も違います。


代表的な病気をまとめました。

  • 細菌
    • o-157
    • 結核
    • 中耳炎
    • 百日咳
    • 膀胱炎


  • ウイルス
    • インフルエンザ
    • 風疹
    • 日本脳炎
    • 手足口病
    • 感染性胃腸炎


ちなみに、肺炎や腹痛などは同じ病気でも、
細菌で感染したのか、ウイルスで感染したのかで、
症状に違いがでます。


例えば、肺炎には細菌性肺炎とウイルス性肺炎がありますが、
細菌性による肺炎の方が、ウイルス性に比べて症状が重いです。


また、ウイルスや細菌には、何十、何百と種類があるので、
一概に言えませんが、一般的には同じような病気にかかると、
細菌よりもウイルスが原因の方が軽いですね。



「という事は、ウイルスの方が安心!」
と言うとそうではなく、細菌よりもウイルスの方が、タチが悪いです(;´Д`)


タチの悪い理由は、細菌性の病気になると、
細菌の細胞を攻撃して、細菌をやっつける効果がある抗生物質が使われます。


しかし、細胞を持たないウイルスには、
この抗生物質が効きません




ちなみに、風邪の薬が効かないと言われるのは、
風邪のほとんどが、ウイルスが原因だからです。

当然、風邪ウイルスにも抗生物質は効きません。


じつは、風邪薬は風邪ウイルスをやっつけるよりも、
例えば、喉の痛み・発熱・咳などの症状を、
緩和するのが目的です。




ちなみに、抗生物質が効かないウイルスには、
抗ウイルス薬が使われます。


抗ウイルス薬は、ウイルスの活動を止める作用がありますが、
有効な抗ウイルス薬は、まだまだ少ないのが現状です。



まとめ


いかがでしたでしょうか。


大きさだけではなく、
さまざまな違いがありましたね。


細菌とウイルスどちらにしても、
感染したくないのは同じですね^^


 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサードリンク
週間人気記事ランキング
カスタム検索
コメントいただきました! ありがとうございます!
最近の投稿
カテゴリー
当サイトについて