米の保存方法とは?容器で変わる美味しさのヒミツ!

これが知りたい!気になる情報局

知らないと損する情報や、なるほど納得の情報がいっぱい!今日は何が知りたいですか?

米の保存方法とは?容器で変わる美味しさのヒミツ!


『あれ?こんな味だったかな?』

お米を買って来て、しばらく経つと、
開封した時と、味が変わっていることないですか?


熟成されて、美味しくなっていると嬉しいのですが、
風味が落ちていたり、パサパサになったり、
少しカビ臭いなんて経験もあると思います。


それは、お米を保存している容器が、原因かも…。


お米の保存場所には、気をつける人も多いようですが、
実は、場所と同じくらい保存容器も大切です。

そこで、今回はお米マイスターに、直接教えてもらった、
美味しいまま、お米を保存できる容器について、ご紹介します!


超絶オススメの容器もご紹介しますが、まずは、再確認の為に、
美味しく保存できる環境から、一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク


お米にとって嬉しい環境とは?


ご存知の通り、お米は生鮮食品なので、保存の環境が悪いと、
すぐに、味が落ちてしまいます。

高温多湿の場所に、保存すると、お米は酸化しやすくなって、
味が落ちたり、嫌な臭いがしたりします。


特に、精米された白米は影響を受けやすく、
お米マイスターによっては、精米後2週間が賞味期限だと、
言う人もいます。


そして、意外に思うかも知れませんが、
風通しが良い場所も、避けた方が良いですよ。


風通しが良くて、風や空気に多く触れると、
お米の乾燥の原因になったり、酸化しやすくなります。


これらのお米を劣化させる原因を避けれて、
お米を保存するのに、最適な場所は、冷蔵庫です!

冷蔵庫の中は、温度や湿度は安定していますし、
空気に触れにくですよね。

ちなみに、お米は10℃以下で保存すると、酸化しにくく、
虫も発生しないと言われています。

e42766a8ba7f2268abdf9c3377403a0f_s
ただし、冷蔵庫で保存すれば、何の問題もないかというと、
残念ながら、欠点もあります。

そこで、大切になるのが、容器ですね。

正しい保存容器を使えば、最高の状態で、
簡単にお米を美味しい状態のまま保存できます!


という訳で、お待たせしました^^

いよいよ、本題の保存容器について、
ご紹介していきますね!

スポンサーリンク



オススメの保存容器!噂のペットボトルは?


『う~ん、色々あるけど、一体どの容器が良いの?』

と、迷ってしまうくらいお米の保存容器の種類は、色々ありますね。

では、代表的な容器のメリット・デメリットを見ていきましょう。


お米が入っていた袋のまま


買った時に、お米が入っていた袋のまま、
開いた口を輪ゴムやクリップなどで止めて、
使っている人も多いのではないでしょうか?


実は、お米の入っている袋には、通気性を良くするために、
空気穴と呼ぼれる小さい穴が、開いてます。


なので、お米が入っていた袋のまま保存すると、
その空気穴から、湿気を含んだ空気が入ってしまいます。

空気が入る事で、中のお米の酸化が進んだり、湿気たりして、
お米の味が落ちてしまいます。

  • メリット

  • 移し替える手間が要らない

  • デメリット

  • お米が湿気たり、酸化が進み味が落ちやすい

    買ってきたままの袋は、流通には向いてますが、
    保存用には、向かないですね。

    米びつ


    米びつを使っている家庭は、多いのではないでしょうか?

    管理人の実家でも、米びつを使ってました。


    しかし、この米びつがお米の保存容器としては、
    ある意味で、一番オススメ出来ません(,,゚Д゚)∩ハイッ!!

    a0002_011614

    実は、お米屋さんには、
    『買ってすぐのお米に、虫がわいた!』との、
    クレームが多いらしいです。

    当然、お米の中に虫が混じっていた訳ではなく、
    米びつの複雑な構造が原因なのです!
    (もともと、米びつ内で発生していた虫が出てきた。)

    クレームのお客さんの家で、米びつを分解して見せると、
    虫がわいた原因と場所が分かり、納得してもらえるそうです。


    そして、米びつが設置されているのは、
    大抵、シンクやコンロの下ですね。

    お米の最大の敵である湿度や温度の影響を、
    キッチンの中でも、一番受けやすい場所だと言えます!


    管理人の家の米びつは、結婚と同時に奥さんに、
    使わないという理由で、あっさり捨てられました^^

  • メリット

  • ボタンひとつで、簡単に計量ができる

  • デメリット

  • 虫やカビが発生しやすく、お米が劣化しやすい

    ちなみに、米びつが有った場所は、
    現在お酒置き場になってます^^


    スポンサーリンク



    ペットボトル


    ネット上で、NO.1保存容器の呼び声が高いのが、
    ペットボトルです!


    実は、管理人も使っていた時期があります。


    家庭内での、最高の保存場所は、冷蔵庫の中ですが、
    唯一の欠点は、臭いです。

    じつは、お米は臭いが移りやすく
    ジップロックや、袋などで保存すると、
    他の食べ物の臭いが付く可能性がありますね。


    その点、ペットボトルなら気密性が高く、
    空気・湿度・臭いの影響を受けにくいです。

    500mlのペットボトルで、3合のお米が保存できるので、
    最初に計量しておけば、使う時に便利とも言われています。

    しかも、無料で簡単に手に入りますし^^


    しかし、万能に思えるペットボトルですが、
    意外に使いこなすのは難しくて、手間もかかります

    rice-191932_150
    管理人は、1合分ごとに線を書いた1.5ℓのペットボトルに、
    お米を保存してました。


    使う時は、子供の飲み薬を入れる時のように、
    少しづつ見ながら、計量の手間を省いて
    使うようにしてました。

    しかし、お米の量が毎回微妙に変わって
    御飯を炊くと、柔らかくなったり、硬くなったりと、
    美味しく炊けませんでした(^_^;)


    結局は、毎回計量カップを使って測ってましたが、
    ペットボトルから計量カップは、とても測りにくい…。


    結果的には、すぐに使わなくなりました。


    ただし、毎回3合炊くという家庭では、
    500mlのペットボトルに分ければ、使えますが、
    結局、計量の手間はかかりますね。

  • メリット

  • 簡単に手に入り、気密性が高く、好みの量に分けて保存しやすい。

  • デメリット

  • 移し替えたり、計量する時は手間がかかる

    う~ん、どれも一長一短ありますね。

    そこで、管理人が色々と試したうえで、
    お米マイスターさんの意見を参考にして、
    たどり着いた最高の保存容器をご紹介します。


    スポンサーリンク



    最高の保存容器とは?


    最高の保存容器の条件としては、
    • 冷蔵庫で保存できる。

    • 臭いや湿気の影響を受けない。

    • 計量が簡単にできる。

    この3点を満たしている必要があります。

    で、色々と探して見つけたのがこちら↓
    ネット上で安いのを見つけました^^

    なんと、全ての条件を満たしていますね!

    立てても、寝かしても保存できるので、
    冷蔵庫の中の空きスペースを、上手に使えます。

    簡単に計量できる仕組みになっていて、
    計量が楽なので、とても重宝しています^^


    ただし、2kgしか入らないので、
    食べ盛りに子供や家族が多い家庭には、
    詰め替える作業が面倒で、向かないと思います

    管理人の家では、小さい子供と夫婦だけなので、
    特に不便は感じませんが^^

    現時点のお米の保存容器の中では、
    ダントツにオススメです!


    まとめ


    いかがでしたでしょうか。

    保存容器と言っても、色々ありますね^^

    ただ、冷蔵庫に保存できる容器は、
    2kgぐらいが多いです。

    しかし、ほとんどの家庭では、5~10kgくらいを、
    まとめ買いすると思います。

    すると、どうしても冷蔵庫にお米が入り切りませんね。

    お米は、15℃以下(理想は10℃以下)なら酸化しにくいです。

    なので、冷蔵庫に入る分は、きっちりと冷蔵庫にいれて、
    入らない残りのお米は、梅酒を作る時使うような
    大きなビンに入れて冷暗所で保存してくださいね。

    ビンで保存すると、カビや虫が発生しにくいですよ^^


    お米は保存のやり方次第で、美味しさが長持ちします。

    正しい保存方法で、最後の一粒まで、
    御飯を美味しくいただきましょう!


     

    スポンサードリンク

    あわせて読みたい関連記事

    コメントフォーム

    名前

     

    メールアドレス

     

    URL

     

     

    コメント

    トラックバックURL: 
    スポンサードリンク
    週間人気記事ランキング
    カスタム検索
    コメントいただきました! ありがとうございます!
    最近の投稿
    カテゴリー
    当サイトについて